c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
信玄餅のきな粉をこぼさず食べよう
山梨のお土産といえば桔梗信玄餅ですよね。僕は山梨とは何の縁もありませんが、それでも年に一回以上は誰かからもらって食べています。おいしいのはもちろん、袋やビニールの風呂敷といったパッケージもなんか味わいがあっていいです。

で、そんな信玄餅ですが、食べる時にきな粉がこぼれてしまって困るという方がいらっしゃるかと思われます。信玄餅はきな粉をこぼしてなんぼ、と言われるかもしれませんが、今日はあえてわざわざ写真入できな粉をこぼさずに食べるさまを見ていただきたいと思います。参考にしてください。

d0018714_0501835.jpg

まず中敷を外した初期状態です。中敷とは透明のフタのことです。きな粉の中央が凹んでいるので、ついここに黒蜜を流し込みたくなりますが、そこは巧妙に張り巡らされたワナです。信玄公に謀られてはいけません。とりあえず外壁を切り崩すところから始めましょうか。

d0018714_0555175.jpg

楊枝で固まったきな粉を細かく粉砕します。乱暴にやると飛び散りますので、花を愛でるようなやさしい楊枝捌きで、かつ容赦なく粉砕してください。本気で怒っている時ほど口調が丁寧になる、あの感じです。集中力を切らさないように。

d0018714_14838.jpg

粉砕にはキリがありませんので、適当なところで次の工程に移ります。次は楊枝で餅と器の間に隙間を作り、そこにきな粉を落とし込む作業です。ちょい、と餅を動かすと、きな粉が空いたスペースに勝手に飲み込まれていくと思います。これを全方位余すことなく行い、餅の上からきな粉を排除し、風通しのよいフラットな環境を作り上げるのです。

d0018714_1164964.jpg

表面からきな粉を排除するとこうなります。3切れの餅が丸裸にされました。ここでやっと黒蜜の出番です。どろっとした黒蜜を、やわらかな餅の上にゆっくりと垂れ流しましょう。

d0018714_1263718.jpg

黒蜜は餅の表面、餅と餅の密着部分を伝いながら、徐々に器に満ちていきます。ここで一番注意しなくてはならない点は、残り少なくなった黒蜜の容器を強く押さないことです。全ての黒蜜を出し切ろうと容器を握りつぶしたりすると、ぼふっ、と容器の中の空気が押し出されて、餅の表面にかすかに残ったきな粉を吹き飛ばす恐れがあります。これを「黒蜜の吐息」と呼び、地元山梨の熟練信玄餅イーターの間では最も恥ずべき行為として忌避されています(さすがにウソです)。

d0018714_1403835.jpg

黒蜜を出し終えたらあとは混ぜるだけです。底にたまったきな粉と黒蜜を混ぜ合わせながら、楊枝を上手く使って餅に絡ませていきます。3切れの餅はバラバラのように見えて、実は底のほうでこっそり繋がっていたりしますので、ついでにここでその悪しき呪縛を断ち切ってやりましょう。その方が奴らのためであり、無論あなたのためでもあります。

d0018714_1502270.jpg

いい感じにまぶさったらようやく賞味の時間です。ご苦労様でした。しかし最後まで気を抜いてはいけません。黒蜜に蹂躙されきらなかったきな粉が最後の抵抗に出て、餅を持ち上げた際に一緒に飛び出してくる恐れがあるのです。餅の下側は見えませんので注意にも限界がありますが、リスクを最少に抑えるには、きな粉が飛んでも器の外に散りにくい真ん中の餅を最初に食べることです。これであなたは美味い餅と栄光を同時に噛み締めることができることでしょう。よかったですね。
[PR]
by polisan | 2005-05-11 02:01 | スペシャル
<< サイキック性低血圧 もう終わり >>