c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
マクドナルドと盆踊り
マクドナルドが値上げしたそうです。

値上げする前の僕の定番はマックチキン+ポテト(S)+ドリンク(S)で350円だったのですが、値上げ後は同じ値段でポテトのサイズがMになりました。
あれ、実質値下げじゃないか。おかしいなあ。でもいいか。


近所の神社から盆踊り大会の音が聞こえてきました。

ソーラン節、炭坑節といったおなじみのレパートリーの中で一際異彩を放っていたのが、「マツケンサンバII」でした。今が旬てこともありませんし、去年もかかっていたのでしょうけど。
で、スピーカーから流れる曲にあわせて櫓の上の祭り太鼓もノリノリで打ち鳴らされていたのですが、そのリズムはドンドンドン!タカッタッタ!ドドンドドン、タカッタッタ!と安田大サーカスばりのべたべたの和太鼓であり、サンバのリズムなどどこ吹く風、アミーゴもセニョリータもあったもんじゃなく、そんなもん真島先生も振り付けやり直さなきゃって話ですよ。
きっと日本中で同じような状況になっているんでしょうね。そんな日本の夏が大好きです。
[PR]
by polisan | 2005-07-31 04:10 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
その動機はありなのですか
昨日あたり、若い男性からメガネやコンタクトレンズを次々に盗んでいった窃盗犯が捕まったというニュースがありました。
そんなの盗んでどうするのかと思いましたが、犯人が供述した動機は
「中学の時に友人から眼鏡を貸してもらい、よく見えるようになったのが快感になり、盗むようになった」
読売新聞より引用
「~快感になり」まではわかりますが、そこからなぜ「盗むようになった」のかがさっぱりわかりません。間をはしょりすぎです。犯人は29歳とのことでしたので、中学のときから約15年間も犯行を続けたのでしょうか。いやなライフワークですね。

またこれも昨日あたりですが、北海道でカニ販売店からカニ4匹を盗もうとした男が逮捕されたというニュースがありました。
なんでまたカニなのかと思いましたが、ニュース記事によると
容疑者のすし店には大型のいけすがあるが、ヒラメや貝など地味な魚介類しか入っておらず「客の目を引こうと思った」と動機を述べている。
毎日新聞より引用
「客の目を引こうと思った」のは商売人としてまっとうな考えだと思いますが、だからなぜ盗むんですか。カニは買ってきても寿司にして売れるんだから元が取れるじゃないですか。

人の心理が読み取れない自分がもどかしいです。
[PR]
by polisan | 2005-07-30 04:33 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
晴天
d0018714_153257.jpg
これですよ!

台風一過、フェーン現象、呼び方は何でもいいですが、隠し立てするものが何もない真夏の太陽の一人舞台、鈍器のような直射日光、からっとした空気、ハ長調のような青空、色めき立つ草花。

朝っぱらから意味もなく笑いがこみ上げてきて、無性に雄叫びを上げたくなりました。
これはあれですね、徹夜明けの妙なハイテンションに似ています。似ていますが、こちらの方が健全で、より本能に近い気がします。
[PR]
by polisan | 2005-07-28 01:15 | 好きなもの
CHOP-ME-NOT DIARY
曇天
d0018714_0481070.jpg
どんてん、という響きがいいと思います。

曇りの日は街の彩度が下がるのであまり好きではないですが、夏の夕暮れ時の、今にも雨が降り出しそうな緊張感を孕んだ曇りは好きです。
急に日光の力が弱まり、湿気を大量に含んだ生暖かい風が尖兵としてゆっくりと吹き寄ってきてじっとりとまとわりついてくる。この不気味さもいい。でも雨が降り出したらだめです。雨は降っちゃいけない。傘を持っていないからこその緊張感なのだから。

ちなみにBGMはCHARAの「70%-夕暮れの歌」がいいと思います。
[PR]
by polisan | 2005-07-26 01:12 | 好きなもの
CHOP-ME-NOT DIARY
メガネでモノに魂を吹き込む
携帯電話の外側の液晶が壊れました。
d0018714_18141660.jpg
実は買ってから一週間経たないうちに落として割れてしまったのです。別に大して困りはしませんのでいいですが、それでも結構哀しい思いをしました。

携帯電話の液晶が割れて哀しいのですから、もしもメガネが割れたりしたらどんなに哀しいことでしょう。僕は視力が悪いのでメガネなしでは生きていけません。地震がきて逃げる際にひとつだけ持ち出すとしたら間違いなくメガネです。新興宗教にはまるとしたらメガネを崇拝するメガネ教団かもしれません。メガネか美女か好きなほうを選べといわれたら、メガネをかけた美女を選びます。

このように僕にとってとても大事なメガネですが、視力を矯正する以外の重要な使い道として、第一に擬人化が挙げられると思います。何の変哲もないそこらへんのモノにメガネをかけさせることによって魂を吹き込み、あまつさえ知的な印象すら与え、人語が通じるかもしれないという錯覚に陥ってついこちらから話しかけそうになってしまいます。メガネはそんな魔力も秘めていると思います。

というわけで、自宅にあるいろいろなものに魂を吹き込んでみました。







d0018714_18362919.gif
ランプ

d0018714_18364890.gif
かばん

d0018714_18375713.gif
ゴミ箱

d0018714_18382944.gif
リュックサック

d0018714_18405168.gif

d0018714_18412264.gif
ティッシュ

d0018714_18413129.gif
電話機



気持ち悪いですね。妙に腹立たしいのはなぜでしょうか。メガネをかけていいのは人間だけだと反省いたしました。使い道第一位というのは無しの方向でお願いします。

ちなみにメガネの重要な使い道第二位はノンタックがモノと会話するためですが、方向性が一緒のため、第三位のケント・デリカットのメガネ芸を繰り上げて第一位にしたいと思います。
[PR]
by polisan | 2005-07-24 19:20 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
瓦礫の下では死にたくない
自転車で長い坂をスカーッと下り、大通りに突き当たったところで左折しようとすると、角にあったリフォーム屋からガタガタと大きな音がし、窓ガラスがビシビシと振動し、屋根の上からよくわからないハンドボール大の鉄の塊が落ちてきて、僕のすぐ近くに鈍い音を立てて着弾しました。

何がなにやらわからないまま僕は店の前を通り過ぎましたが、その先にあるスーパーマーケットから店員があわてて出てきてあたりを見回していました。スーパーの中をちらっと見やると、客もレジ係もみんな立ち止まって不安そうに天井を見上げていました。先ほどのリフォーム店からはピーピーと警告音のようなものが鳴り響いていました。

午後4時半頃。ちょうど震度5の地震が起こった時でした。下手をすれば鉄の塊が当たって夭折していたかもしれません。怖ええー。

でももっと大きな地震がいつかは必ず来るんですよね。まだ死にたくないし、死ぬにしても瓦礫の下はいやだ。
満員電車で鼻息の荒いおっさんと向かい合わせにぴったり接触してしまったときに地震がきて死ぬのもいやだ。仕事中に弄んでいた輪ゴムをうっかり飛ばしてしまい、どこに飛んだかあわてて探しているときに地震がきて死ぬのもいやだし、自宅で何気なくコンビニ袋を頭にかぶって鏡でその姿を確認してみたときに地震がきて死ぬのもいやだ。

死に場所くらい選びたいものです。
[PR]
by polisan | 2005-07-23 21:52 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
忍び足ライフ
今日、会社の人に「音を立てないで歩くね」と指摘されました。

たしかにそれは僕の特性です。名前からして忍者っぽい僕は、どかどかと音を立てて歩くことを極端に嫌い、影だけが移動しているかのように気配を消して歩くことを好みます。音を立てると周囲に威圧感を与えてしまいますし、なにより目立ってしまうので気弱な僕には似つかわしくないのです。

しかし音を立てずに歩くことは、前を行く女性に無用な警戒心をもたらしてしまうものであり、今日指摘されたときもそういった状況だったようで、僕としては故意でないにしろ小声で謝ることしかできませんでした。TPOの大切さを実感いたしました。

そんな忍び足ライフを送っている僕ですが、忍び足っぷりがもっとも顕著に出るシチュエーションというものがあります。それは、エスカレーターを駆け足で下りるときです。
街中を行く人を観察しますと、ドッカドッカと踏みしめてエスカレーターを駆け下る人が多いように思います。ですが僕の場合、回転数をあげて歩幅を縮め、上半身をぶらさずにトラララララと駆け下ります。そこがエスカレーターではなく月のない夜の代官屋敷の屋根の上で、背中に背負った刀の柄を掴みながらであれば、100人中100人が忍者だと思うのではないでしょうか。あ、伊賀忍者だ、と。

…きっとそんなだから精神年齢が低いと診断されるのだ。
[PR]
by polisan | 2005-07-22 03:12 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
炎のジプシーブラス
炎のジプシーブラス 地図にない村から
/ ポニーキャニオン

僕がジプシーブラスなるものを知ったのは、エミール・クストリッツァ監督の「アンダーグラウンド」という映画でした。冒頭のほうで主人公マルコの後ろをブカブカ音を鳴らしながら必死に走って追いかけるブラスバンドの一団を見て、なんだかよくわからないがすげえエネルギッシュだと衝撃を受けたものです。

この「炎のジプシーブラス」はそんなジプシーブラスバンドのひとつであるファンファーレ・チォカリーアの活躍を追ったドキュメンタリー映画です。ドキュメンタリーとは言っていますが、冒頭の少年が湖からホルンを拾い上げるシーンからして物語調の演出が施されています。でもそんなことはぜんぜん問題ではありません。

彼らの住む村は汽車が通っていながら駅がないため、汽車が一瞬止まったときに飛び乗ったり飛び降りたりする。そんなところからもうゾクゾクします。家が点々とあって、道路は雪と泥でぐちゃぐちゃ。そんな田舎の村に、普段農業をしている楽器の超うまいおじさんたちがいる。ゾクゾクです。ん、単にシチュエーションに喜んでいるだけなのか?

もちろん音楽はすばらしいです。楽しげでテンション高くてノリノリで、強い酒が飲みたくなります。上手いのか下手なのかは僕にはよくわかりませんでしたが、形から入りがちな日本人にはない気ままなで大体なセンスにしびれます。僕もあんな風にわいわいと演奏できたらいいなあ。自分で演奏できなくてもその場にいたい。一度でいいから生で聴いてみたいです。

最後のほうに渋谷でのライブ場面がありましたが、また来ないかなあ。
と思ったら今年の秋に来日コンサートするらしい。行きたい!
[PR]
by polisan | 2005-07-20 01:54 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
HDDクラッシュと向き合う夕べ
d0018714_19432767.jpg7/10(日)

夏とはいえ梅雨でじとじとして不快指数も高まっていましたが、この日はいい天気でした。
やっぱ夏はスカっと快晴で陽気に暑いのがいいですよ。あと夏といえば海もいいですね。青い空の下、青い海の砂浜で、青いシロップのかかったカキ氷でも食べて舌を真っ青にしてやりたい。青い海パンで一日中泳ぎまくって唇も真っ青になったらいいのさ。どうせなら全身を青いペンキで塗りったくり、♪鳴かないーでヘロン♪とか歌ってればいいんじゃないの。そうやって何もかも青くして青くして青くしてやればいいんだ。

この画面のようにさ!

ということでOSが起動しなくなりました。HDDが鬼籍に入ったようです。ああ、やんぬるかな。


7/11(月)

うちのPCには2000年から5年間蓄積した大事なものが保存されていました。失って一番痛いのは、100近い作りかけの曲のデータです。曲に関して言えば、公開してはいるものの、誰からも反応を得られたことはないので自己満足で作っていただけですが、なくなると悲しいものです。まあ、ほとんど作りかけだったんですけどね。もっと言えば完成させることができずに放っておいたやつらなんですけど。完成したものはホームページのサーバー上にあるし。じゃあ、なくなってもそんなに影響ないのでは?
悲しみが薄れました。


7/12(火)

朝、会社に行く前にメーカーのサポートに電話をしました。前日も電話したのですが、休み明けだったからかつながらなかったのです。
電話口に現れたおどおどした感じのサポートの人に、OSが起動しなくなったことを告げます。すると彼女は青い画面に表示された英語のメッセージをすべて読み上げろといいます。
結構なテキスト量に躊躇して「え、全部ですか?」と聞き返すと、「ええ、全部です」とここだけ妙に力強く言われてしまいました。他はおどおどしてるのに。

読めというのならば仕方ありませんが、問題はかっこいい発音でいかにも英語っぽく読むべきか、それともカタカナ英語で日本人に伝わりやすく読むべきか。そんなことでうっかり悩んでしまい、さらに悩んだまま読み始めてしまったため、すごく中途半端な発音になってしまいました。ほとんどカタカナ英語で抑揚のない発音にもかかわらず、ときどき思い出したように「computer」 を 「カンピュ~ラ」とルー大柴ばりのくどさで読んでしまい、全部読めと言ったサポートの人に全部読み終わる前に「はい、結構です」と制止されてしまう有様でした。自分が情けなくなります。

そんなこんなのやり取りをして、最終的には保証期間内であることが判明し新しいHDDを送ってもらうことで決着しました。肝心のデータ救出に関しては「OSが起動できないのでだめです」というようなことをいわれてしまいました。あああ。

新しいHDDは最速で翌日届くということでしたが、届くであろう時間帯には会社にいるため、結局土曜日まで待つしかないのでした。


7/16(土)
d0018714_21649.jpg

メーカーから新しいHDDが届きました。
もともと120GBのHDDが付いていたのですが、送られてきたのは160GB。太っ腹じゃないか。よし、じゃあこいつを使って今週ずっと思い描いていたデータ救出策を実行に移してやろう。



まずは新入りHDDにOSをインストールして総大将とし、壊れたベテランHDDを副将に格下げします。つまり壊れたベテラン自体はOSを起動できなくても、OSを起動できる活きのいい新人から増設HDDとして繋がれたベテランの中を覗いてやればいいのではないかと思ったわけです。
結果は、HDDとして認識はできるものの、中身を読み込むことはできませんでした。無念。

次にKNOPPIXを使ってみます。KNOPPIXとはCDのみでブートできるLinuxディストリビューションです。会社の同期のS氏から聞いただけなので詳しいことはわかりませんが、Linuxなら読めんじゃないの?ということでしょうか。ということでLinuxを立ち上げてお陀仏HDDをマウントしてみると…

d0018714_21411125.jpg

み、見えた!
失われたはずのファイルたちが並んでいます!
まず呆然とし、しばらく余韻に浸り、そしてここまでくれば勝ったも同然とばかりに鼻息を荒くし、それではと新人HDDもマウントして一気にデータをコピーをしようとすると、想像だにしていなかった「書き込みできません」のメッセージが。

なんでだ。
何をどうしても、書き込みができるようにはなりませんでした。そういえばS氏は言っていました。ネットワークにつなげてコピーするとかなんとか。そういえばうちには使っていない古いPCがあった。こいつから吸い出してやればいいのか!

両者にいろいろと設定を施し、コピーを開始します。


7/17(日)

そして今日。朝起きたら無事コピーが完了していました。ああ、よかった!
今回は助かったからよかったものの、やはりバックアップは大切ですね。皆さんも明日はわが身と思って気をつけてください。

では最後に、HDDが壊れていなければ書こうと思っていた7/10(日)の日記を短縮版でご覧ください。



d0018714_2254311.jpg7/10(日)
今日はひとりで水泳→プラネタリウム。
200円+200円の安い休日。以上
[PR]
by polisan | 2005-07-17 22:11 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
なんということだ
マイPCがどうにかなってしまって起動しなくなりました。どうもハードディスクがおシャカのようです。

哭きそうです。ひっそりと作り溜めた曲、思い出のある写真、重要なメール、その他あんなのやあんなのが全部失われてしまうと思うと、明日からニートになっちゃいそうなほど茫然自失で無気力になりますね。。。

リスク管理ができていなかった僕も悪いですが、ああもう、だめだー 雨に打たれて眠りたい
誰かなんとかなりませんか
本当にだめだったらここもしばらく更新できなそえ
[PR]
by polisan | 2005-07-10 22:19 | 日記