c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
礼服の割引と特製ドライカレーの関係
鼻炎⇒風邪⇒喘息という空中コンボに発展しました。3段目の喘息は悪化しなかったのでよかったです。それでもまだ本調子ではないので困ります。


今日はいざというときのための礼服を買いに出かけました。近くの紳士服店が店舗改装前の在庫一掃セールをやっており、半額とか15000円引きとか大変お求めやすい価格設定になっていましたので、重い足を引きずり徒歩で片道30分かけて行ってきました(近所か?)。

実は事前にその店で小学校の同級生が勤務しているという情報を得ていまして、売り場で駆け回っていた彼に礼服がほしい旨を告げたところ、セール価格も真っ青の破格のお友達価格で、だいぶ品質の良い礼服と小物数点を購入することができました。

目から鱗が雪崩落ちる思いがしました。振り返ってみれば、僕はこれまであまりツテというものを活用してきませんでした。むしろ他人に借りをつくるのは良くない、くらいの捻くれた考えを心のスロットに差し込んでいたように思います。
しかし、よりよい生活を送るのに人脈って奴はとても重要なのですね。政治家だって実業家だって人脈がないとだめですし。

もちろん、他人を頼ってばかりではいけません。ギヴアンドテイク。
今回の礼服の値引きの際にも、同級生の彼からひとつ要望をいただきました。それは、

実家の喫茶店のメニューに対する要望。
詳しく言えば、特製ドライカレーの日替わりメニューへの採用頻度アップ

もつべきものは実家。
[PR]
by polisan | 2005-10-31 00:18 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
病の汐
週末のアレルギー性(と思われる)鼻炎が風邪を誘発した模様です。

火曜日は会社で鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛みという風邪の諸症状を網羅した形で仕事に勤しんでいたのですが、今日はこらえきれずに会社を休んでしまいました。

思えば最近、具合が悪い、治った、また具合が悪いといった潮の干満のような状態が続いていました。今日は防潮堤を築くかのように風邪薬やトローチ、栄養ドリンクなどを投入して安静にしていたので、今のところは落ち着いています。


関係ないですが、ベッドの下にある雑多なものが詰め込まれた箱の中から、びっしりとカビに包まれたプレステのコントローラとヘッドホンが発掘されました。砂鉄の中に落とした磁石みたいになってたので捨てました。箱の中で他にカビていたものはありません。
ちなみにどちらもソ○ー製です。
[PR]
by polisan | 2005-10-27 02:19 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ここのところ天気の悪い週末が続き、昨日の土曜日もいまいちスッキリしない空模様だったため気分も湿っぽくなっていたのですが、今朝目覚めてみると雲ひとつない秋晴れではないですか!

d0018714_23315614.jpg


誰も僕を寝床に縛り付けておくことはできない!
普段会社に行くよりも早い時間に、普段しないストレッチを軽くこなし、デジカメを尻ポケットにねじ込み、飲みかけペットボトルのミネラルウォーターを片手に僕は部屋から空の下へと躍り出ました。

日曜日の朝に散歩することは、前にいつあったか思い出せないほど久しぶりです。空には全く雲がありませんが、申し合わせたように地上にも人がいません。住宅街からは生活音が聞かれず、ときどき遠くから車のエンジン音がこだまのように聞こえてくるだけです。ほう、休日の朝はこんなに静かだったか。

d0018714_23512917.jpg


ペットボトルの水を飲みながら、団地が立ち並ぶ坂道だらけの地元を南に向かって歩きます。少し先の小さな球場型の公園から、声援と子供の掛け声が聞こえてきました。行ってみると少年野球の試合が行われていました。だぼだぼのユニフォームを着た低学年の小学生が明らかなボール球に全力でスイングし、日除け帽をかぶり肩から水筒をさげたお母さん方が歓声を上げる。ものすごくハッピーな空間。それを見ていると否応なく休日感が高まります。

公園をあとにして僕はまたぶらぶらと歩きます。まだコンビニ以外に開いている店はありませんが、この町で唯一のケーキ屋からは甘い匂いがほんのりと漂ってきます。開店の準備はしているようです。
20数年ここに住んできましたが、こんなに牧歌的な時間帯は何年も忘れていました。なぜ僕はこの朝を失ってしまったのか。子供の頃と生活サイクルが違っているせいだと思いますが、今目の前にあるものは夜型の生活を改めたいと思わせるほどの魅力に満ち溢れています。ノスタルジー半分、新鮮さ半分。あー、毎日が日曜日だったらいいのに! と願望まで子供のようになってきました。

d0018714_083117.jpg


それにしても、なぜ空の青さはこうも僕の精神をポジティブな方に向けるのでしょうか。

モンゴルの人は、空の青さを「フフ」といいます。単なる青色のことは「ツェンヘル」といい、あえて「フフ」という場合は何か象徴的な、神聖な意味合いを含むそうです。僕にとっても空の青さはなんだか特別でして、地平線あたりの白っぽい青が頭上の空の真ん中に近づくにつれて濃い青へとグラデーションしていく様が、元気玉のように僕の方へ力が集まってきているような気になるのです。意味もなく両手を突き上げたくなります。オラに青を分けてくれ。

d0018714_175799.jpg


青を分けてくれって。絵の具でも足りなくなったのかって話です。まあいいです。

散歩を終えて部屋へ帰る途中に考えたのですが、太陽の色って何色でしょうか。白?
子供が絵で太陽を描くと赤だったりしますし、焼けた肌の小麦色も太陽の色と言ったりします。で、空の青も太陽光によって作り出された色ですので太陽の色と言えなくもないと思いました。だからどうしたということもありません。まあいいです。


そんなこっぱずかしいほどに清清しい朝をすごしたわけですが、家に帰って掃除をしたらハウスダストにやられてアレルギー性鼻炎に陥り、午後は死んでました。貴重な朝を相殺するほどに無為に午後を過ごし、結局はイーブンに落ち着くのが自然の摂理なのでしょうか。
[PR]
by polisan | 2005-10-24 01:33 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
休日の過ごし方
誰に訊かれたわけでもありませんが、最近の僕の休日の過ごし方をつまびらかにしたいと思います。
週休2日で土日が休みなのですが、そのうちの一方はできる限り以下のスケジュールに沿って休暇を楽しむことにしています。

  1. 起床は早くて10時、遅ければ14時頃。よく寝たと思える時間にベッドを出る。

  2. 適当に朝食兼昼食(ブランチ)をとり、その後スーパーに買い物に行ったり、晴れていれば窓を半開きにして掃除をしたり、インターネットに勤しんだりタブラを叩いたりと自由に過ごす。

  3. 日が落ちる頃、電車に乗ってプールに行く(最近は自転車を使っていない)。事前に脂肪燃焼効果のあるブラックコーヒーを飲む。

  4. 1時間から1時間半ほど泳ぐ。せいぜい2kmくらい。後半はただ水面にぷかぷかと浮かんで無重力を満喫する。

  5. 帰りに古本屋に寄って最低1冊は本を買う。時間が早ければ、駅前のカフェに入りゆっくりと本を読む。

  6. だいたい9時も過ぎた頃、夕食のためファミレスへ。食後はまた本を読むか、こないだ買ったノートPCで書き物をしたりする。

  7. ファミレスにだいぶ長居したあと、日付が変わる頃に帰宅。風呂に入って寝る。


主にこのような流れて一日は進んでいます。今日も忠実に実行しました。
最近とは言いつつも1年くらい前から似たような調子です。たまに人から休日の過ごし方を聞かれて、このような内容を答えると、ずっと一人かよ、淋しいな、と言われることがあります。

確かにポイントは一人であることで、このタイムテーブルに他人の入り込む余地はありません。少し前までは言われたとおり一人は淋しいかもしれない、と思い悩んだこともあります。ですが今は全く気にならなくなりました。というより、この時間を誰にも邪魔されたくないと思うようになりました。誰かと遊ぶ、飲み会に行く、何か企画をやる、という予定がある場合でも、土日のどちらかに寄せて片方は必ず上記のタスクを実行できるようにしています。この自分だけの時間が心のバランスを保ち、崩れていたものを修復してくれます。仕事の疲れや鬱積したストレスをこそぎ落としてくれるのです。

ですので、休日出勤だけは避けたいです。よろしくお願いします。
[PR]
by polisan | 2005-10-23 03:10 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
実家洗濯システムの危機
僕はわけあって、実家から徒歩3分ほどの所に一人暮らしをしています。

一人暮らしですが、洗濯は実家にお願いしています。ですが最近僕も仕事が忙しく、平日は家の者が起きている時間に帰ることができないために洗濯物を受け取ることができません。

いままではそれでもなんとかやってきていたのですが、
今週はとうとう、週半ばにして衣類が枯渇しそうです。
今日を乗り切っても明日と明後日が。。。

バスタオルがないので、ハンカチを使うしかないかもしれません。

シャツがないので、貧乏神Tシャツを着るしかないかもしれません。


そろそろ自分で洗濯をしてもいい頃かもしれない。
洗濯機を買うために貯金します。
[PR]
by polisan | 2005-10-20 01:35 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
塩梅
か・ぜ・が直りませ、ん。

鼻水が

とま


っくしょん!



肩甲骨の辺りがしんしんします。

ふとん乾燥機を購いましたので、暖かくして寝ます。

おやすみな




っくしょん!
[PR]
by polisan | 2005-10-17 23:36 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
物欲サティスファクション
d0018714_23443828.jpg衝動的に買ってしまいました。ノートPCです。

ストレスおよび欲求不満がたまっていたせいかもしれませんが、決して無駄な買い物ではない! 遅かれ早かれ買うことになるというのは宿星の運行からも明らかでしたので、それが単に今というタイミングになっただけのことです。

というわけで今日はずっとノートPCのセッティングに明け暮れていました。これで夢にまで見た「一日中ファミレスでドリンクバーを飲みながら創作に耽る」ことが可能になったわけです。迷惑? 知りません。ふふふ、ふふふふ、ふ。

とりあえず今日はオープン戦ということで、デニーズで夕食をとりつつ2時間だけノートPCライフを送らせていただきました。アメリカンコーヒーを4杯、頭が冴える冴える。タイピングも軽快に、文章も軽妙に、岩清水のごとく言葉が溢れてきて止まりません。指紋認証に3回連続で失敗してロックがかかってしまったことを除けば、もう何も言うことがありません。

ビバノートPC!
[PR]
by polisan | 2005-10-16 00:13 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
牛角アイス及び今日のデスラー
牛角アイスというものをコンビニで買って食べてみましたが、きなこと黒蜜の組み合わせなので、冷たい信玄餅という印象しかありません。



d0018714_0452982.jpg
TAMIYAにまたがりご機嫌の総統。珍走団。
[PR]
by polisan | 2005-10-14 00:47 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
体の変調
風邪を引いたようです。
鼻水が供給過剰のため堤防が決壊し、間断なくあふれ出しています。

声はあまり出ないし間接や腰も痛いし、今日は早めに寝ることにします。原因はきっと急激な気温の変化およびカビ臭くなってしまった布団にあると思います。連休は雨が降ってたから干せなかったし、今後のことも考えて、家電界でもっとも地味な布団乾燥機でも買おうかと思案中です。

風邪もさることながら、最近は体のあちこちに変調が見られ、たとえば顔の左半分にやたらとニキビができたり、右の足の付け根あたりのリンパ的な所にしこりができたり、ウサギとウナギを高確率で読み間違えたりと散々です。

中でも右足の付け根のしこりからは禍々しいオーラを感じずにはいられません。しこりに気づいたのは忘れもしない10/4の夜ですが、それ以来、階段を下りるときに時折右足がしびれたり、泳ぐときに右足が攣りやすくなったり、うっかり近年稀に見るアクロバティックな体勢になったときに右足だけ力が入らず元に戻せなかったりと、しこりにまつわるエピソードと捕らえても違和感のない症状が多発しているのです。

思い過ごしなら良いですが。寝ます。
[PR]
by polisan | 2005-10-11 23:57 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
免許行進
誕生日後1ヶ月以内では今日しかチャンスがない、ということで、普通自動車運転免許証の更新を行ってきました。

優良運転者ですので、今回の更新によってザ・ゴールド免許に昇格しました。そりゃ優良ですよ、取得してから1回も運転していないのですから。事故・違反など起こすはずもありません。

車を運転しないのならなんで免許取ったんだ、という疑問はもっともですが、僕は30万円する高級身分証明書を苦労して手に入れたと考えることにしています。あるいは、運転の資格を得るために教官に怒鳴られながらも厳しい実技練習に耐え、必死に学科も勉強し、試験を優秀な成績でパスし、ようやく県のお墨付きをもらったところで

「免許を取るとはこの程度のことか」

と言い残して自動車運転界を去るニヒリズム。そう捉えてもらっても構いません。
現在は自分が運転しているところを想像することができません。車線変更で事故を起こす夢なら何回か見ました。制度上は許可されていても運転できない人間なのです。申し訳ありません。


-----

ところで、日曜日の免許更新時の混雑は何とかならないものでしょうか。待つ人の列が長すぎて建物内に収まりきらなくなっていました。外は雨だし、げんなりMAXですよ。

混雑はいやですが、順を追って窓口を渡り歩くシステムは好きです。他の運転免許試験場がどうかは知りませんが、わが県では最初の窓口で免許証をコピー、次に適性検査、そして次の窓口では証紙購入、そのまた次は書類確認といった、学校で言うところの健康診断やスポーツテスト、ゲームで言うところのお使い的RPGの楽しさを感じるのです。

扉が多いのでウィザードリイが近いかもしれません。ある扉を開けると視力の検査。またある扉を開けると写真撮影で、その奥の扉を開けると学校机に座ったおばさんに紙を渡され、青い線に沿って講習を受ける教室まで行けと言われます。雰囲気を出すと、

老婆は呪文の書かれた護符を差し出し、重くゆっくりとした口調で話し始めた。

「おぬしの求めるものはこの先にある。青い標しを追って進むがよい。間違っても赤い標しを追ってはならぬ。ああ、もう時間がない、まもなく儀式が始まってしまう。急ぐのじゃ、よいか、青い標しじゃぞ!」

という感じです。

おばさんに紙を渡された人は、みんな青い線に沿って教室へ向かいます。列を成して。行進のように。一定の規則に従って行動する集団の一部に加わることは、なぜかノスタルジックな気分になります。自分の意思を主張することなくただ大人に随っていればよかったあの頃。

そんなとりとめのないことを考えながら免許更新は完了しました。写真はメガネが変な色になっていました。今日はこの辺でアディオス
[PR]
by polisan | 2005-10-10 03:57 | 日記