c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
粋なドイツ料理屋
今日は高校時代の水泳部の集まりでした。卒業してから何年も経ちますが、変わらない奴らでほっとします。

男ばかり連れ立って行った店は新宿のドイツ料理屋で、とても家庭的な雰囲気の店なのですがオーナーシェフはすごい経歴の持ち主のようで、いろいろ気さくに話をしてくれました。有名ホテルの総料理長を何年も勤めたり国際的な賞をいくつも獲ったりという自慢に聞き入り、その合間合間に繰り出されるしょうもないダジャレに打ちのめされました。アーティスティックな一面もあって、ボトルのペインティングは個展を開くほどの御点前で、繊細な和風の図柄には明らかに日本の心を感じました。ドイツ人とはいえ僕よりも長く日本で生活しているのだから当然なのかもしれませんが、すごい人もいるものだと感心した次第です。

もちろん料理も大変おいしゅうございました。ビールも非常においしゅうございました。さすがに格安というわけではありませんが、是非また足を運びたいと思えるお店です。満足。

ドイツ料理カイテル
[PR]
by polisan | 2006-04-30 00:05 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
歓迎はしますが
昨日とか、新入社員歓迎会とかあったわけです。わざわざ書くことでもないのですが、新入社員の自己紹介のときになぜか僕も一緒に「キャイーン!」のポーズをとらされました。大勢の前で。

若者が怖い。
[PR]
by polisan | 2006-04-29 02:12 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
DPEショップって
新人の面倒を見る必要があるため普段より1時間半も早く会社へ行き、仕事が大変でけっこう遅くまで会社にいます。よって夜はたっぷり寝たいので、すみません、おやすみなさい。

あ、その前にひとつだけ。近所のDPEショップに時計の電池交換をお願いしたのですが、取りに行く暇がありません。それにしてもDPEショップって割とどこにでもありますが、もうかるものなのでしょうか。写真の現像にしても時計の電池交換にしてもそんなにしょっちゅうするものではないと思うのですけれども、それ以外に何か扱ってましたっけ?

あ、そういえばアレがありました。賞金稼ぎ向けのエージェント業務。カウンターで特殊な注文をするとWANTEDと書かれた人相書きのリストを見せてもらえたり、賞金首についての情報が買えたり、捕まえた賞金首の引渡しができたり。あれって意外と便利ですよね。最近は規制緩和でコンビニでもできるようになったそうですが。

意外と知らないDPEショップ。というか走り出す妄想。さっさと寝たほうがいいようです。
[PR]
by polisan | 2006-04-27 01:47 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
新人現る
4月も下旬になり、僕の職場にも新人が配属されました。しかもついに、僕の下にも新人が付くことになりました。

本日緊張の面持ちのフレッシャーと対峙し、逆にこっちまで緊張してしまって今後上手く指導していけるか不安ではございますが、精一杯よい方向へ導き、僕色に染め上げてやろうと思います。言い過ぎました。

ちなみに新人の彼の印象は、周囲の意見ではキャイーンの天野に似ているとのことで、一部では2人で社内キャイーンを結成しろという声もありますが、僕はやんわりと拒絶致します。ちょい不良化の影響で髪の中央部分だけが持ち上がっているからと言って、決して僕はウド鈴木ではないからです。それに僕の印象では、新人の彼は2割はラサール石井だと思います。


あと今日の仕事に終わりに日報を書いてもらったのですが、「昼礼」という字を「中礼」と誤記してあったので訂正のコメントを書いた後、「中礼では中川家・礼二の略と間違えてしまいます」と書いた後に思い直して消しておきました。これはまだ早すぎる。
[PR]
by polisan | 2006-04-25 00:44 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
MOTHER3をゲット
d0018714_114168.jpg◆よやくしていた MOTHER3を
 ほんじつ ゲットいたしました。
 ゲームき ほんたいを もっていなかったので
 いっしょになってる デラックスなやつを かいました。


◆やっぱり MOTHERシリーズだけあって
 せりふが とてもウィットでハートフル。
 1しょうの じょばんで はやくもなきました。

◆そのちょくごに でんちがきれましたので
 もういちど そのばめんを プレイしなければならず
 もういちど なきました。


◆けいたいゲームで あそぶのが ひさしぶりなので
 かたがこって たいへんです。
 めも チカチカします。
 ほんたいが あかいので よけいチカチカします。
 ・・・あかいものは ポストだけで じゅうぶんだ。

◆とりあえず ファイナルファンタジーは おいといて
 MOTHER3を がんばります。
 ひさしぶりに ゲームが せいかつを あっぱくするぞ。
[PR]
by polisan | 2006-04-23 01:32 | 好きなもの
CHOP-ME-NOT DIARY
オーラの泉ってすごいですよね
僕はあまりTVを観ないのですが、最近妙によく観てしまうTV番組があります。それはオーラの泉です。

僕は神秘的な現象や霊的なものを今まで全然信じておらず、今も信じてはいないのですが、あえて信じてみようとするとこれがとても面白いことに気づきました。悩みなどあまり考えたくないようなことを前世の因縁だからと説明されれば、それに寄りかかってしまうことほど安心できることはないのですね。人は皆安心したいのだと思います。

そもそもこの番組のキャスティングは反則的にはまっていると思います。江原さんと美輪さんのコンビネーションには恐怖すら感じます。2人であることが重要で、どちらか一人であればにわかに信じがたいことでも、2人に同じものが見えているとなれば俄然説得力が増します。ただ2人があまりにも確信に満ちた話し方をするので逆に構えてしまうこともありそうですが、そこは中立な立場に見える純朴キャラの国分太一氏がいることで、彼がレフ板のような役目をして2人の直射日光とは別の角度から光を当てることで全体的に和らいだ雰囲気にしてゲストの構えを解いているような気がします。

そう思いながらゲストが彼らの話に驚きとともに感動している様を観ますと、こちらまで感動してしまいます。話が本当かどうかということは置いておいて、人が人の人生観を変えてしまうかもしれないプロセスを目撃していることがすごく神秘的で感動するのです。この構成を考えた人は偉いと思います。今後も要チェックです。
[PR]
by polisan | 2006-04-21 01:34 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ネガティブに付ける薬、IKEA
先日自己主張マンになると宣言したことは、一応まだ覚えています。しかし現時点で思うことは、いまさら自己主張マンになってもすでに遅すぎるということです。ネガティブな話になるのでこれ以上は控えますが、自分の打たれ弱さに悲しくなります。

そんなことはさておき!

突然ですが今僕が気になるもの、それはスウェーデンの家具・雑貨店IKEAです。
シンプルで温かみのある商品の数々が僕のつぼを刺激します。カタログを見ていれば少しネガティブも和らぎます。この店、日本で例えると無印良品のようなものでしょうか。ただ無印良品よりもカラフルです。しかもお値段もリーズナブル。

そんなIKEAのスウェーデンっぽい青と黄色のイメージカラーの店舗が日本でも船橋にオープンするそうです。ぜひ行ってみたいです。ちょい不良崩れの強面男には不似合いな感じですが、そして一人で行くと虚しくなりそうですが、それでもきっと行きます。59円のふきんでも買います。
[PR]
by polisan | 2006-04-19 02:22 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ちょい不良対決 【結果】
1週間にわたって繰り広げられたちょい不良対決ですが、昨日結果が出まして、

無事勝利を手にすることができました!



判定は会社の同期のたまが下しました。おそらく誰が判定を下しても同じ結果だったと思います。何人かの方に「これで負けたら抗議していいと思う」と言われるほど、火を見るより明らかだったようですから。
敗者であるしいなは罰ゲームとしてメンズエステ体験してこなければならないのですが、それで肌年齢が若返るのであれば罰でもなんでもないですね。報告を待ちたいと思います。

それにしても毎日ちょい不良なことをして日記を更新して、さすがに少々疲れました。明日からはちょい不良から元に戻るかもしれません。むしろリバウンドで秋葉系まで行ってしまうか、道に迷ってBボーイ風あたりに行ってしまうかもしれません。その時はそっとしておいてくださいね。
ここまでお付き合い下さりありがとうございました。では、次回の対決をお楽しみに。

-----

対戦相手のしいなのページでも対決について触れられています。 ⇒しーなねこのページ
[PR]
by polisan | 2006-04-16 22:05 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
ちょい不良対決 【5日目】
もう判定を待たずとも、僕の勝ちとしてしまってはダメでしょうか。
会社のちょい不良リーダーであるE氏にも「今回は圧倒的にお前の勝ちだ」とお墨付きももらいましたし、対戦相手であるしいなも若干諦めムードでして、持参したユニクロのサングラスを僕に手渡し「これでアヤしく華開いてください」と言い残して裸足で去っていきました。
ただこのサングラスを装着すると、

d0018714_1304348.jpg

このように「激ワル」になってしまうのであまりよろしくありません。こんな策略に陥れられてはいけない。気をつけねば。

-----

さて、今日のちょい不良です。昨日の報告の中でちょい不良な酒を飲もうとして実現しなかったと書きましたが、その活動の一環として会社の中で「ちょい不良な酒が飲める店」を知ってそうな人から情報収集を行っていました。それで同じ部のHさんに伺った際に、「青山でいい店1件知ってるよ。明日だったら連れて行ってあげてもいいよ」と仰ってくださったので、お言葉に甘えて本日そのお店に連れて行っていただきました。

対決終盤にして貴重な追加点、「ショットバー初体験の巻」です。


いわゆる華の金曜日(はなきん)の夜、僕とHさんは会社を出発しました。これから行く青山のお店は食事をかっつり食べられるようなところではないようで、事前に腹ごしらえをした方がよいとのことでした。そこでまずは食事へ行くのですが、ちょい不良といえばLEON、LEONといえばジローラモ氏、ジローラモ氏といえばイタリア、というわけでイタリアンなディナーをいただくのが正解だと思い、目黒のイタリア料理屋に足を運びました。

d0018714_1501919.jpg

最初はパスタの一皿くらいのつもりだったのですが、あまり貧乏くさいのもどうかと思い、コースでいっちゃいました。僕はイタリア料理をコースで食べること自体が初めてでして、もうこれだけで十分にちょい不良です。前菜の彩りだけで失明寸前でした。
このイタリア料理屋に1時間くらいいたでしょうか、デザートまで食べておなか一杯、食べ終わる頃にはこれが「ちょい不良対決」の一幕であることすら忘れてしまうほど普通に満足していました。危ない危ない、ちょい不良たるものどんなときも気を緩めてはいけません。

イタリア料理屋をあとにして、僕らはJRで渋谷に移動し徒歩で目当てのお店に向かいました。そのお店はHさんの馴染みの店だそうで、そもそも彼女は普通に会社帰りに一人でバーにふらっと入って適当に飲んで帰るという、ちょい不良な女傑なのです。その方が薦めるお店なのですから、期待してよいはずです。

d0018714_2182115.jpg
(マスターの許可をいただきましたので写真を載せます)

もう看板からしてしゃれおつでございます。にわかちょい不良が一人で入るには勇気が必要です。店内に入ると他のお客はおらず、薄暗い感じがまさに想像していたショットバーそのものでした。

d0018714_2262121.jpg

Hさんがマスターに挨拶とあわせて今回訪れた趣旨を説明し、2人でカウンター席につきます。説明の際に雑誌LEONについて触れたのですが、

Hさん 「雑誌のLEONって知ってます?」
マスター 「ああ、そういえばLEONの編集者って人が前に来たような」

!!!

いやはや流石でございます、土地柄もありましょうが、こんなおあつらえ向きの店がそうそう見つかりましょうか。そんなマスターはちょい不良に対するイメージについて、「節操無く○○○するとか」「○○○○○を吸うとか」とかなりブラックなことを仰っていました。これも流石としか言いようがありません。

それにしてもこんなバーに来たのが初めてなものでして、どうにも落ち着かずそわそわしてHさんに「挙動不審だよ」と指摘されてしまう有様でした。そんなですから飲み物も何を頼んでよいかわからず、何かちょい不良なものをとお願いしたところ、ウィスキーだかブランデーだかバーボンだかを薦められまして(それすらも覚えていない)、薦められたままにロックでいただきました。

d0018714_2412456.jpg

一杯目は緊張からか味がわからなかったためおかわりし、その後さらに「男らしい」という「old grand-dad」というバーボンをいただきました。とても刺激的な味でした。

なんだかんだで日付が変わる頃まで滞在し、ほろ酔い気分で帰途に着きました。まだまだ一人でふらりとバーには入れるまでには至っていませんが、経験値が0から1にあがったのはとても大きいと思います。これで今回のちょい不良対決、LEONの重さと厚さを測っているだけの奴に負けることはないでしょう。明日の結果が楽しみです。

最後に本日ご協力いただいたHさん、そしてBAR VESPERのマスターMさん、この場を借りて謝辞を述べさせていただきます。ありがとうございました!
[PR]
by polisan | 2006-04-15 03:01 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
ちょい不良対決 【4日目】
今日はちょっとした誤算がありました。

ちょい不良はやっぱり「後輩を無理やり飲みに誘ってちょい不良な店でちょい不良な酒を飲まなければならない」と思い、同じ部署のS木君とS井君に昨日からアポを取っていたのですが、今日になってS井君が「口内炎が3箇所もできて痛いのでキャンセル」とメールで申し出てきたのです。その後なんやかんやで結局飲みには行けずじまいでした。
ということでメインのネタが没になりましたので、今日は他のネタをお出しいたします。

-----

ちょい不良になるためにはおしゃれのアクセントとして貴金属、アクセサリ類を装備するのが攻略への第一歩だと思います。僕は普段は全く装飾品などを身につけませんが、動かない腕時計だけではあまりにも心許無い。そこで次のアイテムの登場です。

d0018714_12951.jpg

花柄のシャツの袖もちょい不良としては見所のひとつですが、注目して欲しいのは腕に巻きつけられた装身具です。
うちの父は自分で窯を持っているほどに過剰に陶芸を趣味としていまして、10年以上前に陶製のビーズなどのアクセサリパーツを大量生産したことがありました。それが数点僕の手元にありましたので、革紐を使って腕輪を作ってみたのでした。これをつけて会社に行きましたので、これはビシッと決めすぎずに遊び心を残したちょい不良といえるのではないでしょうか。

今日は身につけませんでしたが、もう一つ首飾りも作りました。

d0018714_13754.jpg

ちなみにパーツが濃い茶色をしているのは、コーヒー豆で色をつけているからです。父の本業が喫茶店経営というところから来ています。

…なんだか自分のことではなく父の「ちょい不良オヤジ」なモテライフスタイルを紹介している気がしてきましたが、実物は服の趣味の変な単なるおっさんであることを念のためここに記しておきます。

明日は首飾りもフィーチャーして出勤したいと思います。これでしいなに勝てるでしょうか。
[PR]
by polisan | 2006-04-14 01:46 | スペシャル