c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
アプリシエーションですね。
珍しく土日の両方とも酒を飲んで過ごしました。幸せです。

土曜日はアラビアンロックという店で飲みました。この店は入り口を開けるのにランプをこすらねばならず、入ったら入ったで女性店員がベリーダンス風の衣装でへそを出していたり、着ぐるみショーがあったり、マジシャンがテーブルにきて手品をしたり、やけに騒々しくて(良い意味で)アホらしいと感嘆しました。
このノリはもしやと思って後で調べたら、やはりザ・ロックアップと同じ系列の店でした。こうなったら次はバドガールのいる店に行くしかないではありませんか。

ちなみにこの日の幸せは、素敵な3人の女の子と久しぶりに会えたことだと付け加えておきます。いつもありがとう。

-----

日曜日はタブラでお世話になっている教室の重要な会合がありました。そこで決まった重要なことは、11月に発表会をするということです。
発表会という響きには小さな子どもがドレスを着て市民ホールの舞台でお辞儀をして、観客はみんなジャガイモだと思い込んでからピアノを弾くイメージしかありませんが、これで正しいでしょうか。
教室にはインド音楽だけで生徒が20人くらいいて、こじんまりと開催するのでプレッシャーはあまり感じていません。というより当日に向けて何をどうすべきなのかがわからず途方に暮れているだけです。

ちなみにこの日の幸せは、音楽というクリエイティブな活動を真剣にやっている人たちから刺激を受けたことだと付け加えておきます。みなさんありがとう。

そしてKさん、ごめんなさい。
[PR]
by polisan | 2006-07-31 02:21 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
卓球<水泳
金曜日の夜は会社の卓球部の活動に参加してきました。みんなレベルが高く、全然歯が立たず、そしてあまり馴染めませんでした。

終盤はインテリヤクザの異名を持つちょいワル同期と一騎討ちしたのですが、「いかに相手の意表を突くか」に重点を置いた子どもの喧嘩みたいな泥仕合になり、最後はもはや卓球とは呼べない前衛的な何かになっていました。まったく、いい大人が何をやっているのか。

そのせいか、今朝起きたら下半身だけものすごい筋肉痛になっていました。ベッドから降りることもままならない有様で、こりゃ外出するのも難儀するなあ・一日どうやって過ごそうかと唸りながら考えた挙句、普通に歩いてプールへ行きました。

やはりプールはよい。僕は地上では運動音痴の急先鋒ですが、プールの水の中(特に市民プール)では文字通り水を得た魚のように自由になれるのです。重力の鎖を断ち切ること。これこそが僕のストレス発散の最良の手段の一つであり、しいては前世を探り当てるための鍵なのです。

僕の前世はきっと
[PR]
by polisan | 2006-07-30 01:55 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
またつながった
好きなものはやっぱり繋がるのだなあ。

Amazonでゲド戦記の洋書を検索しながら、同じ本なのにいろんな出版社から出ていて違いが分からないなあと途方に暮れていましたら、廉価版ぽいものの一つの表紙にどこかで見たことのあるタッチの水彩画が描かれていたのです。よくよく見ると、それはRebecca Guayというイラストレータのものでした。

The Farthest Shore: The Earthsea Cycle (Earthsea#3)

僕のため息をつく間に過ぎ去っていった青春時代の、瞬きほどの短い期間に友人達と興じていた遊びにマジック:ザ・ギャザリングというカードゲームがありました(※今もあります)。
トレーディングカードゲームということ以外あまり覚えていないのですが、大勢のイラストレータがカードのイラストを描いており、その中で気に入っていたのが件のRebecca Guayだったのでした。使いづらいカードでもわざわざデッキに入れていました。

そんなとうに忘れていた大昔の記憶が呼び起こされて繋がるとは。これがRon Spencerだったりしたら確実にスルーしていたはずですので、そうではなくRebecca Guayだったのは偶然ではなくそういう流れがきっとあるのでしょう。自分の好きなもののベクトルに沿った世界的な流れが。うまく説明できませんが。

というか多くの人に分からない話題で申し訳ありません。それもまたよし。
[PR]
by polisan | 2006-07-28 02:51 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ジョージ・W・部首
僕は漢字検定を受けたことはありませんが、ひょっとして2級くらいなら受かるのではないかと思い、問題集を買って模擬試験をやってみました。

200満点中、129点でした。(合格ラインは160点)

やってみてわかったのですが、僕は普通の読み書きはそれなりにできるけれども四字熟語と部首はてんで駄目なのでした。部首にいたっては1問も正解することができませんでした。

そもそも、部首ってなんのためにあるのでしょうか。ニンベンとかクサカンムリとか、系統が掴みやすいものであれば分類のし甲斐もありましょう。しかし「丙」の部首が「一」だと言われたところで、「ほう、それを選びましたか。苦労なさったのですな」と古代中国の部首担当大臣を労わってやることしか出来ないじゃないですか。その部首を覚えることで漢字の何がわかるのでしょう。

「亜」の部首なんて絶対に「じゃあジャンケンで俺が勝ったらこれ、お前が勝ったらそれを部首にしようぜ」という感じで決めたに決まっています。

そんな部首たちも必死に覚えて、秋の検定に挑みたいと思います。
漢検自体、取って何になるかわかりませんけどね。
[PR]
by polisan | 2006-07-26 02:10 | 雑学
CHOP-ME-NOT DIARY
コロコロ神
日焼けせいで皮がむけて大変です。プールで泳いだ後なんか、むけた皮が体毛に毛玉の如くからまり、こんなに暑いのに安もののフリースなんて着て・あらやだ・生肌だったわ、なんてすれ違うご婦人に思われたりしそうな妄想で頭が一杯になりながら小雨の降るバス停でバスを待っていたものです。

いっそのことガムテープで一気に剥がしてしまえばよい。しかしガムテープでは毛まで引き剥がしてしまうし、痛い。快感と苦痛の狭間にあえぐ僕が見える。葛藤は歯に挟まったアルミホイルのようにじわじわと僕を苦しめる。
ところが世の中はうまく出来ています。灯台下暗しとでも申しましょうか、自宅に最適な皮むき機が無造作に置かれていたのです。

d0018714_0413989.jpg

通称コロコロ。
(逆光で失礼します)

粘着質な紙(ある意味、神)がセットされたローラーを肌の上で転がすと、心地よく薄皮が剥がれてゆきます。ペリペリと音を立てて。苦痛など全くない、精神と皮膚の解放。僕は皮むけを完全に克服することができました。

ちなみにコロコロは畳やカーペットのゴミを取る用途にも使えますので便利ですよ。
[PR]
by polisan | 2006-07-25 00:59 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
週末ハイライト
お疲れ様です。
金曜日の深夜はこっちのブログがTVで紹介され、ひたすらポストの写真を撮っていることに対して真鍋かをりに「それだけかよ!」と突っ込んでいただけたので満足して寝ました。

その夜は気温も湿度も、夜が深まる音も夜が明けて街が動き出す音も、すべてが完璧に調和が取れた状態だったため今年一番の安眠を得ることができました。そういう夜には決まってとても豪華な夢、通常の夢がペナントレースならばオールスターとでも言えるようなお祭り騒ぎな夢を見るのです。これは年に一度見れるかどうかの貴重なものなのです。その内容については別の機会にお話しするとしましょう。

そんな快眠をむさぼっていたため、土曜日に目が覚めたのは日も傾いた午後3時。そしてその2時間後には、へもいっ子クラブのオフ会に参加していました。僕はこの会への参加を拒むことができません。なぜなら、主催者のしいなが日程を決めるに当たって僕の予定を聞いて大丈夫な日を選んだからです。ちなみに僕はへもいっ子クラブの会員ではありません(何度でも言います)。しいなと対等な関係を維持するためです。

そのオフ会は懐かしい顔、新しい顔、いろいろな方に会えて大変よかったです。
神出鬼没な遠山という人物のすべてにおける脈絡のなさも含め、大人の落ち着きを持った杉さん、しなやかな明るさを持ったねぎしさん、若々しく利発そうなおさかなさん、心底楽しそうに笑うもぐらさん、へもい場を盛り上げることの出来るタマさん。皆さん素晴らしい方ばかりで、その人たちを集めることが出来るしいなの人徳に(心の中でひそかに)感心しました。

明けて日曜日は本を読んで水泳して飯喰ってごろごろする、いつもどおりの休日を過ごしました。何気ない幸福ですね。明日は幸福になるか不幸になるか分からないのですから、一つ一つ噛み締めて、ゆっくりと飲み込んで養分としていきたいと思います。

ピース。
[PR]
by polisan | 2006-07-24 02:34 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
夏は何の季節?
夏といえば、海水浴。花火。すいか。セミ。蚊取り線香。そうめん。扇風機。網戸。風鈴。墓参り。カキ氷。盆踊り。麦藁帽子。台風。甲子園。帰省。読書感想文。そういったものを思い浮かべるかと思います。

しかし僕が一番夏だなあと感じるもの、それは、

鼻血です。

鼻血が出ると、ああもう夏なんだなあ、と新しい季節の到来を知るのです。
僕は割りと鼻血が出やすいのですが、8割以上は夏に出しています。
風呂で、道で、トイレで、会社で。

さっきは夕飯を食べ始めたら何の前触れもなく鼻から血が垂れてきました。

そして今も垂れています。
ティッシュを鼻に詰めて、僕はこれを書いています。

ああ、夏だなあ。
[PR]
by polisan | 2006-07-22 03:16 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
宇宙的なココイチ、その他
今日カレーを食べようと珍しくココイチに入ったのですが、注文しても一向にカレーが出てきません。後から入ってきた客に先にカレーが供され、なんだよなんだよ忘れられているのかよと思い始めた頃にお待たせいたしましたーと店員が持ってきたのは、異常なほどに盛られたライスの上にこれでもかと様々なトッピングの追加された宇宙的なカレーでした。僕が注文したのは普通盛りでトッピングなしのありきたりのカレーです。

こういう場合、どういった反応をするのが正解なのでしょうか。
その時の僕の反応は:

「えっ、ちちちち違いますッ…」

過剰な動揺でした。修行します。

-----

話はぬるりと変わりますが、「俺って常にポジティブだからさー」とか言う人に限って、人の迷惑を顧みなかったり全く反省をしなかったりすることが多い気がします。
それはそれで面倒くさいですが、ポジティブだと宣言する事自体に害はありません。

しかし逆に「俺って基本的にネガティブだから…」とか言う場合、その言葉自体が他人をウンザリさせる魔力を秘めているので気をつけたほうが良いことを過去、経験的に学びました。

日記やブログのタイトルに「マジむかつく!」とか「もう死にたい」と書かれていて、それを書いた人に対して特別な思い入れもない場合、その記事を読みたいと思う人の割合はどれくらいなのでしょうか。1割にも達しないのではないでしょうか。
そういったネガティブな時に限って長文だったりしますので、冒頭だけ読んでウンザリしてそれ以降訪れなくなった日記・ブログ(mixi含む)は一つや二つ、あります。

この文章自体がネガティブ寄りになってしまいましたが、しかし「ネガティブは人を惹きつけない」ことを僕は頭の片隅、いや中央に据えてこれからの人生を生きてゆきたい。アディオス。
[PR]
by polisan | 2006-07-21 01:25 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
雨天午後9時の物価
d0018714_2141092.jpg

閉店1時間前、客もまばらなスーパーで夕食の惣菜を購入。
海老カツ5枚、フレッシュ野菜サラダ、揚げ出し豆腐、大きめのおにぎり(鮭)でしめて税込284円。通常価格は約800円。

800円で買う人と300円弱で買う人の間に横たわっているものって何だろう。

昨日定価で買った服が今日半額になっていたときに人を納得させるものって何だろう。

飲み屋でとりあえず好きなだけ飲んでおいて、帰りの電車賃を10円でも浮かせようと必死に経路を計算する僕を一体誰が止められるだろう。

先日銀行から50万円を引き出して、自宅の床に並べてみました。最初はその場を離れることも出来ないくらい恐ろしい気分でしたが、しばらく経ったらただの紙としか思えなくなりました。
踏ん付けてトイレに行き、その後折って遊びました。お金って何だろう。
[PR]
by polisan | 2006-07-18 22:08 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
東海紀行
土曜日の話ですが、うちの会社の新人は店で商品を売る実習をしなければならず、自分のところの新人の様子を見るために遠出をしてきました。

行き先は、静岡と愛知。

車で、日帰りで。

全員合流して東京を出たのが確か9時前、帰ってきたのは23時を回っていたでしょうか。その間、ほとんど車の中。みなさんお疲れ様でした。特に運転手、ご苦労様でした。
新人はバリバリ売っていたようで安心しました。僕がやっていたときに比べれば圧倒的に優秀です。これで僕はもう何も思い残すことはなく…いやいや。

静岡ではウナギを食べました。ひつまぶしのようで、静岡と愛知をいっぺんに楽しんだような感じです。

d0018714_1362990.jpg

この東海紀行は楽しいものでしたが、八丈島の疲れと相俟って体調がおかしくなってしまいました。暑くて寝苦しいのにベッドから出ることが出来ません。月曜日まで休みですのでしっかり休養をとりたいと思います。
[PR]
by polisan | 2006-07-17 01:40 | 日記