c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2006年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
気づかない
会社のトイレの壁紙が新しくきれいになりました。ということに暫く気づきませんでした。

張り変わった日に2度トイレに行って全く気づかず、3回目で何かわからないが違和感を感じ、不吉に思ってオドオドしていたら人から壁紙が新しくなったと聞かされてやっと腑に落ちました。きれいになることはいいことです。

駅から会社までの道のりでしょっちゅうビルが取り壊されているのですが、かつてそこに立っていたビルが何の店だったか全く思い出せません。見ているようで見ていないのですね。

気づかないといえば、ジャガイモの在庫がキッチンのジャガイモ袋に残っていたにもかかわらず、2ヶ月経ってさっきやっとその存在に気づきました。中を見たらこんなでした。

d0018714_1164899.jpg


すごい生命力。見習いたいものです。
[PR]
by polisan | 2006-08-31 01:18 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
彼は恐竜の子供
ガチャピン日記はもちろんガチャピンが書いているわけですが、こういうのの中の人って子どもの夢を壊さぬよう「実は私が書いているんです!」と暴露してはならない云々の契約書にサインさせられたりするんでしょうか。とふと思ったのです。

あ、いやガチャピン日記は当然ガチャピンが書いているわけですけどね。

あとムックが憐れです。
[PR]
by polisan | 2006-08-30 01:06 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
第二回 リアル桃鉄
やりました。リアル桃鉄。

レポートはこちら。何も言わずに読んでください。

d0018714_23472943.jpg

[PR]
by polisan | 2006-08-27 23:47 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
明日はリア桃
明日は第二回リアル桃鉄です。しいなと1対1の真剣勝負です。

さっきからサイコロを振ってシミュレーションしているのですが、なかなか芳しい結果になりません。しかしそれで良いのです。今から運を使ってしまっては本末転倒ですから。

今回は勝ちます。気が向いたら応援してください。
本当に気が向いたらで構いませんので、お百度参りするなりJRに賄賂を贈るなどして僕の勝利を後押ししてください。冗談です。結果を楽しみにお待ちください。

ちなみに第一回のようすはこちら
[PR]
by polisan | 2006-08-26 02:15 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
予期せぬ10円玉マジック
会社にお茶を10円で買える自販機があります。僕はそれを買うために10円玉を投入口へ入れようとしたのですが、手を滑らせて下に落としてしまいました。落っこちた10円玉は1回バウンドすると自販機の下に転がり込んでしまったのです。

やあ、これは失敗だ。と思いながら、僕は地べたに這いつくばって自販機の下を覗き込みました。いい大人がたかが10円のために衆目の中、頭をこすりつけながら薄暗く埃の積もった吹き溜まりを手でまさぐるのは格好良いものではないと感じつつも、たかが10円でも大切にする大人のほうが結果的に好ましいに違いないと信じ、決死の探索を行いました。

しかし、10円玉は見つからない。
今度は逆に10円如きに執着している姿の方が見っとも無いと思い始め、もういいやと諦めて立ち上がろうとしました。そのときです。僕が落としたのとは反対の方に、虚しく横たわった1枚の硬貨が目に入ったのです。み、みつけた!

分厚いコートに身を包んだ群集がハラショー!と叫ぶ幻聴を聞きながら、僕は力いっぱいそいつを鷲掴み、意気揚々と再度投入口の前に立ち、待たせたな熱いお茶よ、今わたしが谷底から取り戻した栄光の10円玉と引き換えにお前を飲み干し、残業を乗り切るための活力としてやるわ!と息巻きながら手元を見ると、あ、これ、



5 円 玉 だ



自販機の下には、前田知洋がいるとでもいうのか。
[PR]
by polisan | 2006-08-25 01:57 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
あごひげアワー
以前のちょいワル化の影響で鬚(あごひげ)を伸ばしたりしています。これでわかったのは、僕の鬚はすごくコンディションが悪いということです。

あごに何百本生えているか知りませんが、まともな奴はほとんどいません。枝毛だったり、節くれだっていたり、太さが均一でなかったり、変な色だったり、なんだかアウトローばかりなのです。

仕事中に無意識に鬚をつまんだりしているとそういった枝毛や節くれが爪に引っかかり、途中からブチっと千切れます。千切れた後、ああこれは枝毛だったのかとか、節くれから辺に折れ曲がっているなとか、先は黒いのに真ん中は茶色で根元は白いぞとか、ひとしきり観賞してからゴミ袋へ捨てます。
そして2本に1本の割合で痛みも無く根っこからスポっと抜ける毛があり、このスポっと抜ける感覚に後ろめたいながらも爽快感があり、つい、あ・これは抜ける、これは抜けない、あ・これは途中で千切れた、おお、なんと5本に枝分かれした枝毛かと驚いたりして

仕事に集中できねえ!!

そして抜いたり千切れたりした毛が30本を越えた頃、とうとう己の置かれた状況に気が付き始めました。

抜きすぎたせいで鬚の分布に偏りが出てきたあご。

千切りすぎたせいで鬚の長さが不揃いになってきたあご。

この悲しい鬚の状況はラフです、ゴルフで言うところのラフです。または雑草伸び放題の荒地です。サバンナです。タクラカ(噛んだ)、タクラマカン砂漠です。

家に帰ってからすぐにきれいに剃りました。
[PR]
by polisan | 2006-08-23 02:05 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
鎮西のラーメン
九州に帰省していた会社の後輩からお土産をもらいました。ラーメンです。
d0018714_121842.jpg

不思議に思ったのは、スープや具は2人前なのに麺だけ3人前入っていたことです。パッケージをよく見たら、2食入(替え玉付)と書いてありました。

替え玉。要するにおかわりですよね。それだけ見るとお得だと思ってしまいますが、果たしてそうでしょうか。
すべての人が替え玉欲しいほど育ち盛りでもないでしょうし、育ち盛りで替え玉なんて余裕!だとしても2食目には替え玉がないので物足りなくなってしまいます。替え玉がいらない人にとっては残った1玉を持て余してしまい、スープも具もなく白湯で麺をすする貧乏さんメニューになってしまいます。至極中途半端です。頭を使えということでしょうか。

このラーメンの作り方は、スープ用のお湯と麺を茹でるためのお湯を別々に用意するというもので、確かに実際のラーメンはそういうものですが、コンロが一口しかなく電気ポットもない僕としては出前一丁方式(麺を茹でたお湯をスープとして使う)でないと困ってしまうのです。いかに効率的に湯を使うかにパズル的な要素を感じました。

ある意味、脳を鍛えるラーメンかもしれません。
[PR]
by polisan | 2006-08-22 01:53 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
最近、果物を自分で買うようになりました。今までは果物は自分で買うものではないと思っていました。なぜかはわかりません。不思議ですね。

それで近所のスーパーに行ったときに何か買うわけですが、そのたびに果物ってこんなに高かったのかと白目を剥いて泡を吹いて痙攣してしまいます。桃って1個300円もするのか!

僕は高校3年の冬から大学1年の秋にかけてスーパーの青果売り場でバイトしていましたので、全く果物の相場に疎いとは思っていません。いませんでした。残念ながら過去形です。
その頃の桃の相場は覚えていませんが、真っ赤なりんご1個も、ずっしり重いグレープフルーツ1個も、熟したアボカドも熟していないアボカドも100円でした。最近行く近所のスーパーはそれらが150円です。うーん、店舗による違いの気もしてきました。

あ、あと、イチゴやブドウやサクランボが凄く高い気がしました。
桃については、実家にいた頃は親戚が大量に送ってくれていたのでもっと安いと思っていました。そうか300円かー、これはもうご馳走ですね。

d0018714_1175526.jpg

[PR]
by polisan | 2006-08-21 01:22 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
夜空に咲く
今日は大学の研究室同期の2ヶ月になる赤ちゃんを見てきました。僕が抱っこしたときだけ泣きそうになったので、僕も泣きそうになりました。でも赤ちゃんはかわいいなあ。

帰ってきて電車を降りたところで駅前が非常に混雑しており、何事かと思いながら家に戻ってぼーっとしていると突然轟音が鳴り響き、テロかと思って外へ出ると花火が上がっていました。今日は近所で多摩川花火大会なのでした。

せっかく近所でやっているのだからと歩いて打ち上げ会場まで行ってみることにしたのですが、着いてみて唖然としました。多摩川の河原、堤防、沿岸道路を埋め尽くす人、人、人。まるで酸の海沿いを驀進する王蟲の大群のよう。目は攻撃色に染まって。
僕も大群に飲まれ、行きたくもない方向に流されそうになったので救難信号を出しながらほうほうの体で道路脇に逃げ出しました。あのまま行っていれば30分は戻れなかったでしょう。

それにしても花火というものは、音が非常に重要だと思いました。音のない花火はきれいであっても味気ない気がします。夜空で大きく花開いてから、少し遅れて音が届くまでが一発の花火であって、目で見てからほんの少しの間待って、待って、待って、ドン!と来るところにカタルシスを感じるのが花火の醍醐味だと思いました。

それと、花火といえば浴衣ですね。駅前の通りを浴衣姿の4,5人の女子が原チャリに乗って疾走していくのが印象的でした。
[PR]
by polisan | 2006-08-19 20:28 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
原始の森でコダマになる
少し日が空いてしまいました。

この盆休みは森へ行ってきました。もちろん青春18きっぷで。日帰りで。
それにただ散策しただけではありません。阿呆です。

続きはこちらをご覧ください。

d0018714_1213349.jpg
↑これは熊よけのリン。
[PR]
by polisan | 2006-08-17 01:23 | スペシャル