c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2006年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
主題だとしても
昨日の話で恐縮ですが、レイトショーで『父親たちの星条旗』を観ました。

そんなことはどうでもよくて、甚だしくイライラさせられたのは本編前の予告です。何ですか、あの『大奥』とかいうやつは。
別に仲間由紀恵がどうのというわけではありません。出演者はよいのです。問題は主題歌です。別に倖田來未がどうのというわけではありません。歌い手はよいのです。問題は時代劇にどうしてこのような曲なのかという一点にあります。

公式サイトにはいま最も勢いのある倖田來未だから作品にも勢いがつくとか、時代背景を勉強して作詞に時間をかけたとか謳っていますがそこじゃないのですよ。曲自体がミスマッチにも程がある。やすっぴい(安っぽいと打とうとして失敗)だけの印象しか残らず、まるで老舗旅館で膳の上に煮物や和え物と一緒に食パンが一枚乗ってきたような感じです。

デスノートでも感じましたが、テレビ局が積極的に関わっている映画は僕の肌には合わないようです。申し訳ございません。墨攻が観たいです。
[PR]
by polisan | 2006-11-30 02:25 | 映画
CHOP-ME-NOT DIARY
PDCAサイクルのDは土鍋
d0018714_253970.jpg

最近、鍋かカレーしか食べていない気がします。

先週の土曜日も、その前の土曜日も、自宅でわいわいと鍋を囲みました。男だけだろうが女子率が高かろうが独りだろうが、鍋の前では皆平等です。いびつな大根も、細く切った人参で仮留めしたきんちゃくも、勢いで入れた泡盛も、全ては鍋という小宇宙の中で宿命的にひとつに収束します。しかし外から見ると閉じた系で完結しているようでも、内から見れば果てしなく混沌とした無限の味の拡がり。カレーも亦然り。マサラに生じる合わせ鏡のサンサーラ。

生活面での鍋は品質管理のマネジメントシステムにも取り入れられ、PDCAサイクルと呼ばれています。即ちPlan(計画)、Donabe(土鍋)、Check(評価)、Action(改善)であり、各プロセスを順繰りに実施することによって極めてLOHASな生活を送ることが出来るのです。ここで言及している土鍋とは決してメタフォリカルな意味ではなく、現実に即した土鍋であることが肝要です。

意味不明なりに何が言いたいかというと、みんな鍋しようぜ、ということです。
お手数ですが宜しくお願い致します。
[PR]
by polisan | 2006-11-28 03:49 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
『I am 日本人』
土曜日は朝っぱらから試写会に行ってきました。『I am 日本人』という映画です。

日系3世の主人公が憧れの日本に留学するも、理想と現実のギャップに戸惑い、古きよき日本を取り戻そうと奮闘するストーリーです。舞台挨拶で製作総指揮の森田健作が青春映画だと言っていましたので、観てみると確かに青春映画のようでした。しかも大変オーソドックスな、もっと言えば大変ベタな青春でした。

最近は映画なら何でも面白く思えてきている僕にとっては、テンポも良いしストレスなく観ることが出来たので概ね満足でした。しかし同行者のタンギー爺さんはこのように評していました。

「キャシャーン以下だ」

これは最大級の酷評だと認識しました。しかし何がそんなに酷かったのかと思ったら、彼はこう付け加えました。

「教習のビデオを見ているようだ」

なるほど、これは同意できると思います。あまりにもベタベタな展開、オーバーな森田健作の演技、単純明快なメッセージの全てがNHK教育で放送される道徳番組のような、「さわやか3組」とかそんなノリを感じたのです。さんさんさん、太陽の、ひかりー、ですよ。ただNHKが「国旗を掲げよう!」というメッセージを放送するかは知りません。

要するに総括すると「森本クリスティーナはかわいい」で落ち着くと思います。以上です。
[PR]
by polisan | 2006-11-26 23:56 | 映画
CHOP-ME-NOT DIARY
タ・ブ・ラ 発表会
今日はタブラを習いに通っている教室の発表会がありました。
実行委員というか幹事のようなものに選出されておりまして、仕事はほとんどメイン幹事に任せてしまっていましたがそれなりに大変でした。

インド音楽の4つのプログラムのうち2つに参加したのですが、練習が存分に出来ていなかったのと、本番にありがちな「走って」しまってどんどん演奏が速くなったせいで、大満足とは素直に言えない結果でした。しかし無事に終わってよかったです。なにより人前でやる経験が重要です。

演奏した内容はラーガ:カフィー、およびカイダ1番から3番とティハイのデモです。と言って分かる人が居るのだろうか。分からない人のために、カフィーの最後の部分をボールで言います。

ダーダーティラキティダー、ダーダーティラキティダー、ティラキティダー、ダーダーティラキティダー、ダーダーティラキティダー、ティラキティダー、ダーダーティラキティダー、ダーダーティラキティダー、ダーダーティラキティダー。

ティハイで終わっているので最後のダーはサムになります。って余計分かりませんね。ええ、知ってて言ってます。マニアックと思っていただいて結構でございます。こんなわけわかんない音楽をやっているんだと覚えていただければ幸いです。

d0018714_181149.jpg

[PR]
by polisan | 2006-11-24 01:29 | 音楽
CHOP-ME-NOT DIARY
チロルを模す
その存在を知ってどうしても食べたくなり、着の身着のまま深夜に外へ駆け出してファミリーマートに向かったのが昨日の夜。何のことかと言いますと、

d0018714_1161284.jpg


はい、チロルチョコパンです。何かが欲しくて居ても立ってもいられなくなったのはいつ振りだろう。それにコンビニで菓子パンを一気に4個も買ったのは初めてじゃないでしょうか。
写真の「ミルク」と「きなこもち」の他にも「ストロベリー」と「黒ごまたると」があったのですが、すでに食べてしまいました。うまかったです。


それにしてもあるひとつの確立された商品が、その特色を完全に残したまま毛色の違う別の商品に置き換わったときに感じる、あの独特な高揚感や物欲って一体何なのでしょうね。
例えば圧力鍋の形をしたキッチンタイマーだったり、フリスク型の携帯音楽プレイヤーだったり、ファミコンのコントローラーを模したゲームボーイミクロだったり。本体そのものにはあまり興味がなくても別のもののイメージがオーバーラップすると急に興味が湧く。擬態(Mimicry)による効果の一種なのでしょうか。「ブランドの擬態」?

参考:「チロルチョコパン」はパワーアップしていました
[PR]
by polisan | 2006-11-23 02:20 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
結論:鍋
妹から土鍋(ソロプレイ専用)をもらいました。
カレーも良いけど、やはり冬は鍋です。

d0018714_24665.jpg


失敗しないわ、安く上がるわ、アレンジ自由だわ簡単だわ温まるわで、非の打ち所がないにしても程度と言うものがあるでしょうに。カレーとかもうどうでもいいんじゃないか。
[PR]
by polisan | 2006-11-21 02:10 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
友人ライブと父夢の話
昨日は友人のライブを観ました。結成と同時に解散のそのバンドの中で、ボーカルは昔のバイト繋がり、ドラムは10年来の地元友人でした。

ドラムの彼がドラムをやっているのは大昔から知っていたのですが、実際に演奏を見たのは今回が初めてでした。どんなものかあまり想像できていなかったのですが、見たら納得しました。かっちりその場所に収まっていました。ゆっくりながら目標に向かって一歩ずつ前進しているのを目の当たりにし、自分ももっと動かないといけないと再認識させられた次第です。

-----

話はぶべらっと変わりますが、父親が不倫相手と車に乗っているところを写真週刊誌に撮られるという「」をみました。
キャラ的な点から現実にはありえないですし、なんで一般人が撮られるんだという突っ込みどころはありますが、もう目から鼻水が出そうになりましたよ。しかも手に負えないのは父親が「どうだ、みてみろ」と誇らしげにその週刊誌を手渡してきたことです。僕は適当に「はいはい、すごいね」とやり過ごして近所のコンビニに歩いていったところで目が覚めました。
[PR]
by polisan | 2006-11-19 11:37 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
反ルーズ
少しだけ技術的な話になりますが、やはり男児たるものWEB標準に対し篤実でなければならない。との思いを強くし、なあなあで作ってきた自分のサイトのソースを見直すことにしました。いま頑張ってstrictな構文を学習しています。これがとても面白い。
おかげで今週は眠りに就く時間が平常時より2時間押しになっています。しかしこれが辛くないんですよ。逆に仕事中に眠くなる頻度が減っているくらいです。人間の神秘です。

これはもちろん打ち込むことが出来て心が充足しているせいもあると思います。しかしそれとは全く別の話で、仕事に対する見方を少しだけ変えてみたのが奏功しているのかもしれません。
具体的には、もう少しわがままになってみようと思ったのです。
とは言えやりたい放題やるわけではなく、自分が望むことに時間を割く代わりに他の業務も厳格に取り組んでいくというものです。僕の頭の中ではこれを「現実的になった」と認識しています。現状を憂えて視線を逸らしたり逃避したりするのではなく、面と向かって正座して礼をして「いざ、勝負!」とめちゃんこポジティブにぶつかっていくのです。

こういう気持ちになると自然と背筋がぴんとし、何でもきちっとしたくなります。部屋の掃除や整理整頓とか。そういう視点で見るとWEBサイトのソースなんかぐちゃぐちゃで酷い。というわけで(最初に戻る)
[PR]
by polisan | 2006-11-16 03:27 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
具が過剰
d0018714_1435981.jpg

今日の失敗から学んだこと。
  • 具が多すぎる(汁が見えません)
  • 玉ねぎと大根を大量に入れると甘くなる
  • 何度も言うがレシピを見ろ
  • 塩を入れ忘れない

[PR]
by polisan | 2006-11-14 01:57 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
行列エフェクト
特に変化もなく毎日が進行しています。
土日に泳いでタブラ叩いて肩と腕を酷使しすぎました。肩が凝って大変さー。

地元の電気屋にもPS3のために夜を徹して並んでいる人々がいました。まだまだTVゲームも捨てたもんじゃないなと思ったのですが、どうも中には転売目的で並んでいる人もいるという情報を聞いてたまげました。

ネットオークションで高値で売るためにPS3を確保しようと中国商人が動いたり、職のない人を雇って代わりに並ばせたりなんて話もちらほらあり、ファミコンの時代には想像も出来なかった現象だと思います。インターネットが発達して、ネットオークションと言うものが登場し、そこで転売という行為が行われるようになって、さらにPS3は品薄と、このような要素群を20年位前に予想することが出来たとは思えません。

何が言いたいかと申しますと、例えばSFのプロットを考えるのに近未来を想像したとして、こんなことが起きるのはあり得ないといえることなど何もないということですか?(自問)
要するにあらゆることが影響して何がどうなるかわからないバタフライエフェクトに思いを馳せたわけです(自答)。

攻殻機動隊において作者の士郎正宗氏はネットワークの発達を予知しましたが、携帯電話の氾濫を言い当てることはありませんでした。だから、つまり、ええとそうじゃなくて、いやそれを突き詰めていくと、なんと言うか明日になって僕の身に何が起こるかなんて大体こうだろうと思っても全然違うかもしれないし、物凄く良いことがある可能性もあれば、死ぬかもしれません。

文章が迷走してきたのでもうやめます。おやすみなさいませ。
[PR]
by polisan | 2006-11-13 02:13 | 日記