c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
サバ戦記
d0018714_2124383.jpg


最近、怒っている人が多いです。
なぜかみんなイライラしています。

ままならぬ!ええい、ままならぬ!

あの人もあの人も、そう叫んでいます。
僕は怒っている人にかける言葉が見つかりません。
漠然と思うことがあっても、上手く整理できず、
そんな状態では怒っている人の勢いには
到底通用しない気がするのです。


どうしたらいいのかわからないので、
とりあえず日記でも書こう。


-----


先週の火曜日、私は急にサバが食べたくなった。
欲しいのは塩焼きか味噌煮だ。
時刻は夕方で、まだ仕事中だった。
サバが食べたいと思い始めると、
口の中がサバを受け入れる体制を整えるために唾液で溢れかえった。
しかしサバはない。
肩透かしを食らった唾液は空しく喉の奥に落ちて行った。

会社を出たのは22時に近かっただろうか。
サバのことで頭の中をいっぱいにしていた私は、
迷うことなく会社帰りに定食チェーンのOT屋に入った。
混雑したカウンター席に腰を下ろしてメニューを眺める。
サバの塩焼きは一切れと二切れの2種類があったが、
最近食が細くなっている私は無理してはいけないと思い、
店員を呼び止め一切れのサバ塩焼き定食をオーダーした。

「すみません、本日サバは終わってしまいました」

全身の血流に「サバを食べるぞ」という意志を乗せて、
心身一致してサバ食体制を敷いていた私の希望は微塵に打ち砕かれた。
意気消沈してたっぷり10分ほど悩んで注文したアサリご飯は、
大変おいしかったがまったくもって体に浸透しなかった。

その二日後、またしてもサバが食べたくなった。
今日こそはと勇躍してOT屋に向かう途中、
帰り道をゆっくりと歩く後輩のYに呼び止められた。
部署が違い普段それほど話をする間柄ではないが、
奇遇なので私とYは話しながら並んで歩いた。
気づいた時にはOT屋を通り過ぎていた。
一人で戻ることはできただろうが、
せっかく私に声をかけてくれたYの好意をむげにはできない。
私はそのまま家に帰り、スーパーの30%引き弁当を食べた。

そして今週の月曜日、思い出したようにサバが食べたくなった。
本当は食べたいというより、先週はついに食べられなかったという悔しさが、
私をサバ食に駆り立てたといった方が現実に近いだろう。
わき目も振らずにOT屋に入った私は、
席に着くなりメニューも開かずにサバ塩焼きをオーダーした。
すんなりとオーダーは通った。
ついにサバと対面できるとわかると、にわかに興奮を催した。
おお、ついに。おお、ついに。
だが店内は大変盛況で満席であり、なかなか料理は出てこない。
焦らすか。ここまできて焦らすか。
私は着信のない携帯電話を眺めるふりをしては厨房に目をやる。
実際に何分経ったかはわからない。
おそらく15分も経っていないだろう。
だが私には30分以上に感じられた。
待ちくたびれて放心状態で宙を見つめていたとき、
「お待たせしましたー」という声とともに、
ついに私の前にサバ塩焼き定食が配膳された。

―成就…!

私は手を合わせていただきますと言った。
そして、サバを見る。
一切れとは言え、私にとっては十分な量だった。
パリッとした皮が食欲をそそった。
いきなりサバには取り組まず、まずは味噌汁から攻める。
上澄みを軽く啜って、舌を塩味に馴染ませる。
次にごはんを口に運び、咀嚼の感触を確かめる。
その後味のない生わかめを噛みしめ、一旦味覚をリセットする。
準備は万端である。
とうとう本丸に攻め入るのだ。
私は柔らかいサバの身を箸でつまみ、そっと持ち上げ、
脂できらきらと輝くそれをすばやく口に放り込む。


ま、マンマミーア!


一気に口中に拡がる濃厚な脂。
弾力がありつつも一噛みでほぐれていく身。
私は夢中で目の前のものをむさぼった。
ごはん、サバ、ごはん、味噌汁、サバ、ひじき。
箸は休むことなく味覚の奔流を私にもたらす。
ああ、至福。
生きていて良かった。
あっという間に食べ終わった後も、
しばらく恍惚として動くことができなかった。
お茶を飲んでなんとか正体を取り戻した私は、
ポイントカードももらってご機嫌で帰途に就いた。


私は今日もOT屋でサバを食べた。
相変わらずうまいものだ。
ただ前回も今回も、喜びの代償がないわけではない。

興奮して早く食べ過ぎたのがよくなかった。
私はOPP(おなかピーピー)の不名誉を得ることとなり、
帰りの電車は一人で苦行に耐える羽目となった。


-----


来週はみなさん鎮まるといいですね。
[PR]
by polisan | 2009-05-30 03:34 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
クリームパンから話を膨らませる
毎日仕事中にクリームパンを食べています。
だいたい週に4,5日はクリームパンを食べています。
今日は珍しくメロンパンでした。
(あ、でも家に帰ってからシュークリームを食べました)

ただ、そんなにクリームパンが好きと言うわけでもないのです。

どちらかというとアンパンの方が好きです。
こしあんでも粒あんでもいいです。
が、残念なことにあんこを食べると頭が痛くなります。
頭が、しんしんと痛むのです。
頭の中にゆっくりと、あんこが浸透していくイメージです。

だからクリームパン。

朝、セブンイレブンで98円で買います。
そんなに甘いものが欲しくないときでも、
買ってしまった以上食べます。
ブラックのコーヒーがないときついです。

菓子パンではなく、総菜パンを食べていた時期もあります。
それは世界が不況に陥る前でした。

クリームパンも、アンパンも、メロンパンも、
だいたい100円前後です。
しかし、かつて食べていたソーセージのやつや、
クリームコロッケのやつなんかは125円とかしました。
セレブ向けだったのです。

一日25円安く抑えることによって、1か月で500円ほどになります。
年間にすると6,000円です。
そのお金で、totoBIGが20口買えます。

全体的に企業の業績がよくなく明るい話題の少ないご時世に、
20回も600,000,000円が当たることを夢見ることができるのです。
実際に当たるかどうかはそれほど問題ではありません。
当たるかも、と思うことで週末までつらい労働に耐えることができるのです。

クリームパンを食べ、600,000,000円のことを想う。
そうやって僕は生きています。
[PR]
by polisan | 2009-05-28 00:27 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ケータイの使い道
d0018714_245256.jpg
photo by jsarcadia from flickr




今日はNO携帯電話デーだ!と、

駅まで行く途中で忘れてきたことに気づいたときに決めました。

まあ仕事中に使うことはありませんし、
プライベートでも電話やメールの着信はほとんどありません。

だから全然大丈夫でした。

実際家に帰って確認してみると、
着信件数は0でした。

今日一日で自分が携帯電話を持っていないことを意識したのは、
帰りの電車の吊り広告で女性ファッション誌『Zipper』の出版社が祥伝社だと知り
メモせねば!と思って取り出そうとしたらなかった時です。

僕の携帯電話のメモには、
女性ファッション誌のタイトルが80以上記録されています。

それをたまに眺めては
すげーいっぱい種類があるんだなあ、

感心しています。
[PR]
by polisan | 2009-05-26 02:32 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
雑記F
電車を待っていたら、おじいさんが赤ん坊を抱きかかえて横に並びました。おじいさんは恵比須顔でその子に話しかけたりなでたりしていたのですが、その子が妙に肌艶がよく、また身じろぎ一つしないので、あれ?と思いよく見てみると、精巧な赤ん坊の人形でした。そういうセラピーがあるのでしょうか。

-----

ミスドのモスド、ドーナツバーガーはまだ食べていません。高価だからです。最近ミスドのドーナツがやたら小さく感じます。お値段据え置きで小さくなってませんか?特にフレンチくルーラーのダウンサイジングが顕著だと感じます。ちなみにミスドで一番好きなドーナツはオールドファッションです。

-----

なにやらハリウッドで映画化されると噂のゲーム「ワンダと巨像」を、今更ながら友人から借りたので遊んでみました。大迫力なアクションで手に汗握りますが、ゲーム全体に漂う荒涼感や寂しさのため、夜中にやっていると何とも言えない静けさが心に訪れます。愛しさと切なさと心強さと、といったイメージです。いや、歌じゃなくて、字面的にです。愛しさ=少女、切なさ=主人公の運命、心強さ=愛馬。
[PR]
by polisan | 2009-05-24 15:52 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ドーナツバーガー、もっとがんばれ
そういえば先日モスのモスド企画、ドーナツバーガーを食べてみました。

d0018714_219488.jpg


全然ドーナツってわからないっ!!
ドーナツだろうなって思いながら食べると中央部分に穴があいているのがわかりますが、主張が控え目すぎると思いました。穴が空いている分、体積が少なくて普通のモスバーガーより損なんじゃないかと心配になります。白いわさびソースはおいしかったです。もっと冒険したドーナツバーガーに期待します。見た目がフレンチクルーラーとか。飲茶やるとか。

やはりモスは「とびきりハンバーグサンド」ですよ。

あとモスにノートPCを持ち込んで文章を書くことがたまにあるのですが、お腹がすいていないときは玄米フレークシェーク(300円)を注文しています。あれって頼まなくても水がついてくるのがいいですね。あるとないとでは大違いです、気持の落ちつき具合が。水すごい。

今気になっているのは、ペットボトルの「モスの玄米茶」と「モスのジャスミン茶」です。蓋もモスオリジナルなのでしょうか。
[PR]
by polisan | 2009-05-21 02:34 | 食べ物
CHOP-ME-NOT DIARY
料理写真をキレイに変換ツール
d0018714_1451231.jpg


ESSE webに料理の写真をさらにおいしそうにきれいに高クオリティにしてくれるというツールがありました。こちらをクリック。

説明文には「before⇒afterを比べるだけでも楽しいので、遊び感覚で試していって!」とあります。ほう。そういう謙虚な姿勢はきらいじゃないです。ぜひ遊ばせてください。

では申し訳ありませんが、馬車道で食べたスープカリーを変換していただけますでしょうか。



before

d0018714_154737.jpg




after

d0018714_1562561.jpg


オートでやってみたら温かみのある写真になりました。なるほど。
ではついでと言ってはなんですが、こちらの画像もお願いできますでしょうか。



before

d0018714_213214.jpg

冷たく横たわる2頭の馬っぽい生き物です。温かみの欠片もありません。これが湯気が上り、香り立ち、シズル感あふれるヤミーな画像に変わるのでしょうか。はたして!



after

d0018714_25992.jpg


あ…あー、やはり素材が悪かったようです。若干明るくなった気もしますが、あまり変化がありません。これはきっとオートだからまずいのです。マニュアルですべてをコントロールし、自分好みに染め上げてしまえばよい。それ。



d0018714_2115070.jpg


暗く」「ひんやり」「ふんわりと」に設定したら、安らかに永眠する感じに仕上がりました。落ち着きましたね。よかったです。


ちなみにWEB上で画像編集するならPicnikが高機能でよいと思います。
[PR]
by polisan | 2009-05-19 02:17 | 雑学
CHOP-ME-NOT DIARY
テクスト
こんばんは。書くことが溜まっているような、そうでもないような感じです。

金曜日は僕、しいな、Aさん、Oさんでやることになった同人誌の第一回締切でした。
コンテンツは文章であればなんでもよし。小説でも、エッセイでも、詩でも、歌でもジャンルは問いません。ただし1か月で原稿用紙20枚分書かなければならないというのが条件です。しいなは20枚書かなかった人は罰ゲームだと宣言し、僕は20枚書けた人にご褒美にしませんかと提案したところ、却下されました。一番書かなそうなのはしいななのに大丈夫かと思いつつ、僕は罰ゲームがいやだしちょうど書こうと思っていたことがあったので4人の中で最初に提出しました。

それに対する3人の反応は、

「こいつ、本気だ…」

3人ともどうせみんな書かないだろうと思っていたらしく、しかも僕が一番書かなそうと思われていたようで、そこから20枚分出てきたことが焦りを生み、締め切りまでになんとか全員が書き上げ作品が揃うこととなりました。

d0018714_2113461.jpg


締切日の夜にはお互いの成果物を褒め合い・貶し合いするために、都合が悪かったOさん以外の3人と見物人数人が居酒屋よしに集まりました。ただ酒があるのであまり話し合いは進みませんでした。見物人として参加したシュンさんは普段からあまり本を読まない人で、それぞれの人の文章をあまり読んでくれませんでしたが、全体としては楽しい飲み会だったので良しとします。本当にそれで良いのか…?

結局月一回同人誌を発行する、ということはなくなりそうです。ただ毎月必ず20枚は書く。これだけは守る。仲間と切磋琢磨して何かを続けるということが今までなかったので(というかすぐに自然消滅していた)、できる限り続けていきたいですね。
[PR]
by polisan | 2009-05-17 21:26 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
KYシリーズ
マイコミジャーナルに最新KYコレクションというものが少し載ってました

KY語っていうんですか、あのローマ字略語って字面からは何一つ想像できないのがすごいですよね。KBが「金髪ブタ野郎」って確かにそうかもしれませんが、

ケンタッキーのバイト」でも
毛がぶっとい」でも
公園墓地」でもいいわけじゃないですか。

全然関係ないですが、かつて神聖モテモテ王国で親愛なるファーザーが提言した「MO」と「MNO」を思い出しました。前者は「モテる男」、後者は「モテない男」。なんだか先どってましたね。

今の僕はTNでARですので、さっさと眠るKS。
最後に大喜利的なお題でも出してドロンします。


問:以下のKY語の意味を教えてください。

JT
OS
MMK
[PR]
by polisan | 2009-05-14 00:27 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
メイ
会社で仕事をし、家に帰っても仕事のようなことをし、
働きっぱなしで夜中の奥深い時間になりました。

定額給付金の申請もしなきゃいけないし、

結婚式の招待状への返信もしなきゃいけないし、

書いた文章の推敲もしなきゃいけないし、

楽器の練習もしなきゃいけないし、

なんだかやることだらけでいつになく忙しい5月です。
テンションが上がってきました。

がはは

真夜中なのに。

壁に頭を打ち付けて心を鎮め、
さっさと寝ることにします。

血が噴き出さないことをお祈りいただければ幸いです。

d0018714_3453550.jpg

[PR]
by polisan | 2009-05-12 03:45 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
砧でハピハピ
本日はたいへん天気のよろしい中、砧公園でHAPI DRUMを叩いてきました。
ひとりで、ではありません。来月に行われるインドネシア舞踊のイベントで少し伴奏をするため、その練習なのです。だからお誘いくださったさえさんと、三線を奏でるORIさんと一緒です。

d0018714_1172757.jpg

d0018714_1181381.jpg


さえさんが作ってきてくださったお弁当をついばみつつ、どんな感じでやるか相談します。やるのは2曲。さえさんはインドネシア舞踊を教えるほどの方ですので、その場で踊りつつちゃっちゃか構成を組み立てていきます。ORIさんもしっかりした演奏で、新緑を吹き抜ける奄美の島唄は素晴らしいものでした。

それを見た僕はもう大変です。踊りも三線も手持ちのレパートリーから引き出してあれやろうこれやろうと決められるので感心しっぱなしですが、僕はHAPI DRUMで曲やパターンが弾けるわけではなく、「それならこんな曲ができますよ!」とは言えずに「ここを叩くとこんな音が出るんですよ、ほら!」という新しいおもちゃで遊んでるような段階なのです。

1曲はあるタイミングで必ずこの音を入れること!という指令だけを頂き、それを忠実に守ればよいのでなんとかなりそうです。タイミングの取りづらさはありますが、後で思ったのはインド音楽でもそうだったなということなので、こちらもなんとかなるかと思います。

もう1曲はほぼフリーでやるので、ちゃんと聴けるように練習せねばなりません。期待されているんだからやらねばなー。やるぜー。


d0018714_1303385.jpg

ちなみに砧公園は人であふれていました。甲羅干しをするおじさんも大勢いました。

あと小学生の男の子が、スナック菓子を袋ごとカラスに盗まれていました。男の子は袋を口にくわえて飛び去るカラスを追いかけながら、気が動転していたのか「それはだめよぅ!」とオネエ言葉で叫んでいました。ひょっとすると普段からそういう喋り方なのかもしれません。
[PR]
by polisan | 2009-05-11 01:36 | 日記