c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
<   2009年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
アウト・オブ・ベッド
昨日の朝、ベッドから落ちました。

ベッドから落ちたのは、人生で3回目くらいです。今の部屋に引っ越してからは初めてです。
確か夢を見ていて、その内容はサッカーの中村俊輔選手の髪の毛の色をまっきんきんに染めようとにじりよっているところでした。そのシーンで寝返りを打ち、床に墜落したのです。

その日の石井ゆかりさんの星占いに、「乙女座は戦いの最中。まだはじまったばかり。」とあって、一体何と闘っているのかと思いました。中村選手の髪を金に染め上げようとし、それに抵抗する何者かの反撃に遭ってベッドから落ちた。この戦いは続くのか?

そういえば日曜日の夜にドラクエ9を始めましたので、そういう意味では「戦いの最中。まだはじまったばかり。」ですね。
[PR]
by polisan | 2009-07-29 11:38 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ナースとゾウ(とおまけ写真)



日曜日はしいなとなおさんで、なぜか鶴見川の川岸で『あらびき団』に応募するネタを撮影しようと集まりました。川は風が強く、日差しも強く、みんなぐったりした状態で、ネタもきちんと詰められず、心の赴くまま撮ったものが上記の動画です。

途中、今年のゴールデンウィークのネタ「僕の時間を誰かにあげます」で鶴見川でHAPI DRUMを叩いてくれと依頼をくださったkiki00さんが偶然通りかかり、少し見学をされたのですが、このどうにも形容しがたい雰囲気のせいで戸惑ったと思います。すみませんでした。でも久しぶりにお会いできてよかったです。

今後はもっとちゃんと考えないといかんですね。

動画とは別に撮った写真がけっこうよかったので、せっかくなので載せておきます。なおさんのグラサンナース姿は大変フォトジェニックだと思います。

d0018714_048278.jpg
d0018714_0463637.jpg

d0018714_049223.jpg

[PR]
by polisan | 2009-07-28 00:50 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
アコマホ&ガンダム
土曜日は関西からアコさん、mahochipsさんというお二方が東京にいらしたので、しいなとともにお会いしました。二日連続で西からの二人組の客人。

炎天下の浅草・雷門でしいなとともに待っていると、30分遅れでお二人が登場しました。登場時からテンションが高かったように思います。それが暑さのせいなのか、旅の盛り上がりのせいなのか、生来備わっているものなのかはこの時点では判別できませんでした。

d0018714_2176.jpg

d0018714_23724.jpg


浅草寺を詣でるという正しいルートを進んだ後、アコさんが涼みたいとおっしゃったので、全然詳しくないのに浅草と言えば「神谷バー」だろうと提案し、2Fのレストランへなだれ込みました。

さらに神谷バーと言えば「デンキブラン」だろうと提案し、全員で飲みましたが、思っていたより夏場の昼間には合わず、一日の終わりに飲みたいというような感想でした。みんなチェイサーでビールを飲んでいました。アコさんからは「食い倒れ太郎プリン」を、mahochipsさんからは「せんとくんストラップ」をお土産としていただきました。こちら側は何も用意しておらず、大変恐縮でした。

酒が入ると少し緊張もほぐれてきて、お二方の本領が発揮されてきました。mahochipsさんは尾てい骨を骨折してから笑いにつなげる話を完璧なすべらない話で披露してくださいました。また1.1リットルの特大ビールがあるのを見つけてアコさんに「じゃあこれいきますか?」と言ってみたところ、「いっちゃおうかなー」とあっさり乗ってくれました。お二方のテンションは生来備わっているものと確信しました。

d0018714_2172993.jpg
左がmahochipsさん、右がアコさん


楽しく飲んでいたらみんなこのまま終わってもいいかなーという雰囲気になっていましたが、重い腰を上げてお台場に移動することになりました。実物大ガンダムを見るためです。

d0018714_2225411.jpg

ゆりかもめに乗って台場駅で降り、潮風公園に向かって歩いて行きました。すでに日が落ちかけ、いい塩梅だと楽しみになりました。しばらく案内に従って歩いていると森の向こうにガンダムの後頭部が見え、いい大人が4人とも興奮して小走りで近づくと、それはありました。

d0018714_225750.jpg

d0018714_226199.jpg

おお、でかい!

周りは人が多く、ぬかるみもたくさんありましたが、構わず写真を撮りまくりました。3人とはぐれるのも気にせず。太陽は沈み行き、あたりは夜の帳が下りてきて、ガンダムは光ってスチームを噴出します。映える。

d0018714_2333185.jpg

アムロ・レイはあんなでかくて重心の高い乗り物に乗って戦うんですから、頑張り屋さんですね。ばしばしと写真を撮って疲れたので、みんなでベンチに座って焼きそばや焼うどんや牛串を食べながら休憩しました。夜風が心地よく、食べものはおいしく、ガンダムはでかい。最後の方はみんな無口になって今日の余韻に浸りました。もしかするとデンキブランが効いてぐったりしていただけかもしれません。

d0018714_2593081.jpg


総括:
関西の人、とくくってしまうのは好きではありませんが、やはりそこには確実に関西の文化があるのだなあと思いました。それは笑いに対する姿勢、感情の表現、言葉の持つ強さと優しさのようなものでしょうか。僕は生粋の関東人ですので、そういう基盤の違いを引き受けて、こちらだから出せる力で負けじとやっていかなあかんと思いました。

アコさん、mahochipsさん、ありがとうございました!


この日のしいなの日記
[PR]
by polisan | 2009-07-27 02:51 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
うさこ姉妹
昨日金曜日は、サイレンツに会いたいという三重県の双子姉妹(うさこさん&うさこさんの妹さん)が東京にいらっしゃるということで、しいなとともに「居酒屋よし」でお会いし、酒を飲みました。

お二方は素敵姉妹で、掛け合いも堂に入っておりました。話の要所要所で二人して「これは日記に書かないで!」と口止めをされたのですが、どの話がOKでどの話がNGなのか全然覚えていないため、探り探りで書かせてください。

お二方は一卵性の双子にしてはキャラが違うものなのだなあと思いました。

うさこさんの妹さんは、幸せを呼び込むためにがむしゃらに掃除をするような人で、外見よりもフィーリングを重視する純粋なしっかり者という印象でした。

うさこさんは、繊細で悩みやすく、相談に乗ったしいなの話を聞いて涙を流す直情型の方という印象でした。ただそれは酒に飲まれていただけなのかもしれません。


総括:
こうして誰かとお会いするたびにすごく新鮮で、すこしずつ心の廊下にかざる絵が増えていくような感じがします。それらを眺めながら廊下を往ったり来たりするのはとても楽しいのです。今後は逆にもっと自分の話を人に提供することが課題だと思いました。
うさこ姉妹さん、楽しい時をありがとうございました!


ちなみに我々が飲んでいる時、二つ隣のテーブルでは会社の同期や後輩など4人が、ニンテンドーDSで4人で協力プレイをしていました。それもまた楽しそうだと思いました。


この日のしいなの日記
[PR]
by polisan | 2009-07-25 23:48 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
水分コストの削減に成功
僕はコンビニで1.5リットルのミネラルウォーターを買って会社で飲んでいます。
それで約4日もちます。1日約60円です。

名前を書いて、会社の冷蔵庫に入れています。

d0018714_151287.jpg


まったく阿呆でした。

会社で水道水をペットボトルに入れたら、0円になりました。
水道水と言っても、浄水モードのある蛇口から湧き出た水道水です。

以前利き水をやったとき、その水とどこかのナチュラルミネラルウォーター(軟水)の違いがわかりませんでした。だったらガソリンよりも高い水をお金出して買うより、ひねったら出てくる水の方が経済的です。硬水はさすがに小銭を払わないと買えませんが、そんなに好きじゃないので大丈夫です。よかった。


一日一杯のコーヒーも、会社のお湯と激安の殿堂で買ったゴールドブレンドで淹れています。カップも小さいので、一杯あたり約6.5円となっております。ちゃんとゴールドブレンド一本使い切るのに何杯飲めるか記録を取ったので正確な値です。

一日に消費する水とコーヒーのコストが6.5円なら、まずまずです。浮いたお金で都内に豪邸でも建てようと思います。その時はみなさんをお呼びし、水道水パーティーを開きますのでぜひお越しくださいませ。
[PR]
by polisan | 2009-07-24 02:11 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
日食、だったのですなあ。
日食があることは知っていたのですが、それが今日だとは知らず、そしてなぜかあまり興味がなく、東京での日食が絶頂を迎える頃、普通に仕事をしていました。

昼休みに外に出たら、みんなが空を見上げていて、あ、日食なのか、と合点し、薄く雲にさえぎられた太陽を見上げてみました。昔のダイエーのマークみたいになっていました。でも眩しくてすぐに視線をそらし、昼飯を食べに去りました。


d0018714_2323616.jpg
何の関係もないカルダモンチャイ。今日飲んだわけでもない。



日食って、何なんでしょうね。

もちろん、地球と太陽の間に月がすっぽりハマる状況というのはわかります。しかしそれがもたらすものって何なのでしょう。ただ暗くなるというだけなのでしょうか。

人間以外の動物にとってはどうなのでしょう。

犬や猫や鳩や雀は、何か日食で太陽が一瞬欠けることにDNAレベルで反応することがあるのでしょうか。もしあったとして、人間が電気を発明して昼も夜もなくなったような街で生きていると、もはや日食のような一瞬の不可思議な自然現象には鈍感になっているのではないかと思ってしまいます。

人間の僕は、先日の虹で感動したように、いろいろな情報があふれて常にいろいろなことが起きていても、体感する自然の芸術には心動かされるものがあります。生で皆既日食を見たら、どうなるのでしょう。

ああー、今更ながら、


超観てえ!!
[PR]
by polisan | 2009-07-23 02:34 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
虹力、破力
昨日「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観に川崎へ行き、開始時刻までアボカドとサーモンのどんぶりを食べて時間を潰して外に出ると、なにやら世界の色が幻想的な感じになっていました。

d0018714_1211687.jpg


おおっ、と思ってデジカメを取り出すと、周りの人々もデジカメや携帯電話のカメラを空に向けていました。ただし、みんな同じ方向にカメラを向けていました。そちらに何があるのかと見てみると、

d0018714_124623.jpg


Oh, レインボー!

青と赤が入り混じって紫がかった空に、うっすらと弧を描いていました。僕が見た時にはすでに消えかかっていたようで、数枚撮ってデジカメの設定をいじっているうちに見えなくなってしまいました。

久しぶりに虹を見ることができて感激しながら、何気なく反対側を振り向くと、

d0018714_1312180.jpg


そちらは燃えるようなオレンジに染まっていました。

なんという自然の光の表現力!
現実ではないようなような気分になりました。いいものを見ました。


その後観たヱヴァンゲリヲン:破は、虹の空を見た非現実感を引きずった状態だったのも手伝ってか、衝撃的で、圧倒的で、終始全身に力が入ってしまいました。10年以上前にテレビシリーズがあって、一つ前に「序」があって、そして今回の「破」という流れは、本当に人間に作り出せるものなのかとすら思いました。観終わった後も呆然として、とぼとぼと家に帰りました。あまりにすごいものに接すると、とぼとぼするんですね。なんというか、限界とか線引きとか、取り払わないといけないなと思いました。


-----

現実の景色の力、作りだされた表現の力。
ひ弱すぎる僕の力。

動けるうちに動いておかないと、
何も成し遂げないままあっという間に寿命を迎えそうな気になってきました。
[PR]
by polisan | 2009-07-21 02:42 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
Y150にあいつが…!
土曜日は横浜へ行ってきました。
横浜へは近年よく行っているといえば行っているのですが、今回はY150を見てみようと思ったのです。

噂の巨大クモは辛酸なめ子さんがおっしゃっていた通り遠くから見るとダニのようでしたが、ちゃんとお金を払って間近で見ると、それはそれは大迫力でございました。

d0018714_13525347.jpg

d0018714_13534255.jpg

特に足がよいです。甲殻に覆われた中のごちゃごちゃした配線とか、本当にクモや昆虫ぽい関節の動きとか、しかもそれが何本もあるのですから、かっちょいーとならずにはいられません。生半可な知識や技術では作れないと思うので、その情熱がすばらしいと感激しました。比較としてお台場のガンダムも見たくなりました。あっちは動くんでしたっけ?


それはそれとして、

一番見たかったのはこれではありません。

目指す場所はトゥモローパークのステージです。


d0018714_1492557.jpg


ステージにはお姉さんとY150のイメージキャラクターである「たねまる」がいました。
でも僕の目当ては彼らでもありません。その登場をいまかいまかと待っていると、お姉さんの紹介の後、それは舞台の袖から勢いよく元気に飛び出してきました。


d0018714_14152852.jpg

待ってました、せんとくん!

奈良の平城京遷都1300年を記念して誕生したにもかかわらず、可愛くないとしてブーイングを浴び「まんとくん」という対抗キャラクターまで作られてしまった不遇のゆるキャラですね。
そのせんとくんがこの度、はるばる横浜まで地方営業に訪れるという情報をキャッチしたため、本当に可愛くないのか、また会場がどんな空気になっているのかを確かめるため、足を運んだのでした。

実際にこの目で見たせんとくんは、老成した感じもなく、非常に若々しいキャラクターでした。登場時も歓声が沸き、非常に人気があると思いました。

d0018714_1448516.jpg

たねまるを退場させて広いステージで繰り広げられるダンス(上の写真)は若干孤独を感じましたが、エネルギッシュでよかったです。勝手に激しく動かないというイメージを持っていましたので、いい意味で裏切られました。

d0018714_14543112.jpg

せんとくんのダンスの後はプレゼント抽選会があり(はずれました)、最後にせんとくんの家族や友達が勢ぞろいして「現代の伎楽」を上演しました。すごく大勢仲間がいるんですね。それならせんとくんダンスのときにバックダンサーで参加していれば華やかでよかったのに!

ちなみに売店では「たねまる&ひこにゃん」や「たねまる&まりもっこり」といったコラボグッズが売られていましたが、「たねまる&せんとくん」のコラボグッズは見当たりませんでした。残念です。まりもっこりより全然いいのに!


d0018714_1583987.jpg

d0018714_159308.jpg

日が暮れた後は「燈花会」が開催され、自分でろうそくに火を点けることができました。

Y150全体では開催期間が長いからか3連休でもそこまで混雑していませんでしたし、チケット屋でチケットが半額近くで売っていますので暇なら行ってみるのもよいかと思います。(ちなみに残念ながらせんとくんを含む奈良イベントはもう終了しています)

d0018714_15181518.jpg

[PR]
by polisan | 2009-07-19 15:19 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
d0018714_2171290.jpg

[PR]
by polisan | 2009-07-16 02:30 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
夏ですよ
d0018714_358474.jpg


今月分の小説ノルマは達成したし、しいなさんはなんだか面白いことしてるし、
何かしないといかんなあ、と思う夏。

計画は早めに立てないとなあ。


大人になってから、夏の海に行ってないなあ。海水浴。ビーチ。
[PR]
by polisan | 2009-07-14 04:05 | 日記