c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
神戸旅行2日目 ~猛暑ノープラン編~
神戸旅行の続きです。1日目はこちら

ぐっすり眠った我々は昼が近くなったころにノロノロと起き、ラブさんに感謝の言葉と別れを告げて朝食へ。

d0018714_1341899.jpg
元は教会だったというカフェ『フロインドリーブ』


こんな素敵なところで優雅に朝食……ではあるのですが、それよりも我々にはやることが。ラブさんがいない2日目は完全にノープランであり、これから何をするか全く決めていなかったのです。

d0018714_1451762.jpg
ガジェットを使って必死に検索する我々


観光スポットを検索したり、ツイッターで情報を募ったりして情報を集めましたが、最終的には近所に住んでいるというErinaさんという方に案内してもらうことになりました。最近しーなねこのことを知っていきなり合流できるという強いハートを持った、素敵な女子でした。

とりあえず行き先は近場の南京町となりました。

d0018714_156406.jpg
それにしても暑い


南京町はなかなかの盛況でした。しかし問題なのはこの暑さ。冴えわたった空から残酷に降り注ぐ太陽光線は、我々の頭頂部をいい感じにグリルします。朝食後なのでおなかもすいてないし、おもしろいものを見つけて楽しんでも「でも暑いよなあ」と心の中で打ち消されてしまうほどです。

d0018714_234192.jpg
楽しんではいますけれども


南京町を堪能した我々はついに行き場を失い、ふらふらと市街を徘徊しました。途中で昭和なブティックを見つけて「ここでトータルコーディネートとかどうですか」と冗談で言っても黙殺される空気感。そしてしばらくして我々が落ち着いた先は、

d0018714_2134480.jpg


兵庫県民会館です。

冷房が効いていて超涼しいんですよ。オアシスですよ。県外からきてますけど兵庫県万歳!
ここですることは、各々扇子で自分をあおぐこと。もはや誰も今後の予定については触れなくなってしまいました。

このまま県民会館で一日を過ごすのか。そう思った刹那、一昨年のリアル桃鉄in関西に参加してくれたよしこさんが駆けつけたという連絡が入り、彼女と合流するという新しい目標ができたことでやっと重い腰が上がったのでした。

d0018714_2242812.jpg


合流した次は軽くカフェで休憩し、生田神社へ向かいました。

d0018714_225505.jpg

d0018714_226592.jpg
惚れ惚れするほど逞しい狛犬


お参りし、おみくじを引き、その時点で午後4時過ぎ。微妙に中途半端な時間でどうしようとなりました。するとだれともなく「サイコロで決めましょう」という話になり、東急ハンズで急遽サイコロとホワイトボードを買いそろえました。どうしても我々はそういう思考から抜け出せないようです。

d0018714_2342561.jpg

選択肢は以下の6つです。この後どうするかというよりは夜の寝床ですね。
  1. 有馬温泉(2万5千) ←ネットで調べた空き室の宿代
  2. 徳島
  3. 淡路島
  4. 岐阜(下呂)
  5. 奈良
  6. フェリー(東京) ←つまり帰宅


そしてサイコロを振った結果は「淡路島行き」。一番無難な線に落ち着きました。女子は全員この2日目で帰るため、しーなねこ・kasahi・私の男子三人で淡路島へ行くこととなりました。その場ですぐさまバスに乗り、一路海の向こう側へ。

d0018714_2425414.jpg
明石海峡を渡って……


d0018714_244329.jpg
ここは……?


夢舞台というところで降りたのですが、ホテル以外に何もありません。とりあえず市街地のありそうな方へと歩き出しました。

d0018714_247235.jpg
しかし日は落ちる


歩けど歩けど民家ばかりで宿らしきものは見当たりません。そして日が沈み、あたりはうす暗くなってきました。真っ暗になってはどうしようもないので、タクシーを拾って市街地の方へ行ってもらうことに。

タクシーの運転手さんに栄えている場所を聞くと「洲本ですねー」ということなので行ってもらうことにするのですが、宿が空いている保証はありません。そこで親切にも運転手さんがタクシー会社に電話して部屋がないか調べてもらうことに。そうしているうちにもどんどん暗くなってきます。しばらくして運転手さんにかかってきた電話は、

どこも満室

という通告でした。

d0018714_323431.jpg
真剣に宿を探さざるを得ない


kasahiさんが率先して観光協会に電話するも誰も出ません。しーなねこがiPadで調べた宿に電話するも、どこも空きなし。そうこうするうちに洲本についてしまい、我々は運転手さんに別れを告げて真っ暗な道路に呆然と佇んだのでした。

d0018714_384150.jpg
周囲は闇


じっとしていても仕方がありません。とにかく灯りのある方へと歩いて行くと、すぐに民宿の看板が。
ダメもとで聞いてみるとなんと「空いとる」と即答が!!!


助かった。

d0018714_313272.jpg
安心した我々は近くの温泉にゆっくりと浸かり、


d0018714_3154662.jpg
タマネギのたっぷり入ったモツ鍋に舌鼓を打ち、


そしてぐっすりと深い眠りに就いたのでした。


3日目へ
[PR]
# by polisan | 2010-07-25 03:16 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
タクティクスオウガがリメイクだと!?
こんばんは。
神戸旅行の続きとか、風鈴市に行ったこととか、書くことはいろいろあるのですがこの衝撃を先に書かないわけにはいかないのです。


稀代の名作が復活 ~ PSP『タクティクスオウガ 運命の輪』

公式サイト


スーパーファミコン時代にかなりお世話になった名作、『タクティクスオウガ』がリメイクされて復活するそうなのです!!!



復活するンですよッ!!!



ああ、かつて10年以上前、このゲームに何時間費やしたことか。

そして今度は何時間費やすことでしょう。


これは世界観とかゲームシステムとか、完成度がとても高いゲームなのです。

どうでもいいですが、私は勇躍のオルゲウという敵キャラが好きでした。

※以下、プレイした人しかわからないようなことが書いてあります。


↓ ↓ ↓

興味ある人は続きをどうぞ
[PR]
# by polisan | 2010-07-23 03:04 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
神戸旅行1日目 ~綾さんコンシェルジュ編~
7月17日、18日、19日の3連休は愉快な仲間達と神戸へ行ってきました。

ことの発端は、去年のリアル桃鉄でコンビを組んだなおさんの友人の綾さんという方が、ツイッター上でしーなねこや近辺の人々に絡んできて(?)いろいろと楽しくやっていたので、もういっそのこと「みんなで会いに行ってやろう!」というものすごいネト充かつリア充のハイブリッドな動機からでした。

d0018714_0235270.jpg


総勢6名が新幹線に乗り込み、感動するほどステレオタイプな夏の空の下、一路新神戸へ。車内ではババ抜きをやったりキャラメルコーンを食べたりしただけなのに妙にみんなハイテンションでした。これが旅行というものですね。

d0018714_0272862.jpg


そして昼ごろ、新神戸到着。ついに綾さんとご対面、合流。綾さんはオトナな女性でして、関西らしくガンガン来てました。もう、ガンガン。もうね、ガンガンです。顔はイカツイが心はふ菓子程度の強度である私なんかは、もはや土俵際で寄りきられる寸前でした。

d0018714_0412935.jpg
介護付き老人ホームがこのノリ。

d0018714_0453078.jpg
うまい鳥肉。

d0018714_0473168.jpg
オブジェとしーなねこ。


この日の予定はすべて綾さんがコーディネートしてくださり、昼においしいランチを食べ、その後は電車に乗って須磨浦公園に行きました。それがどんなところかわからずに行ってみれば、それはそれはパラダイスでした。

d0018714_0531072.jpg

d0018714_057258.jpg
ロープウェーでずんずんと上ると。

d0018714_0582256.jpg
展望台!

d0018714_017534.jpg
絶景!!!(iPhone 4で撮影)


この日はたいへん天気がよく、空は青く雲は白く、遠くまで見渡せて溜息が出るほどの絶景でした。驚いたのは、こんなにすばらしい風景が拝めて自然がいっぱいで、かつ連休なのに、他のお客さんがほとんどいなかったことです。ひょっとしてあまり人気がないのでしょうか。それはあまりにももったいないです。もしそうなら、関西の人はもっと須磨浦を堪能した方がいいですよ!

だって、

d0018714_182771.jpg
他にもこんな三輪車や、

d0018714_111688.jpg
こんな輪投げが無料で楽しめますし、

d0018714_1173812.jpg
涼しいところでエアホッケーで遊んだ後は、

d0018714_1231475.jpg
回転する展望台でさらなる絶景を。

d0018714_1252583.jpg
あとどこかの飼い犬にたまたま出会えたりもします。


ね。楽しいでしょう。大勢であるほど楽しいと思います。ここから先は時間がなくて行ってませんが、きっと楽しいんだと思います。


須磨浦を後にした我々は、綾さんご贔屓のお好み焼き屋へ。そこはなんと「一見さんお断り」でした。そんなお店に入ったことがなかったので若干戦々恐々としてました。

d0018714_233545.jpg

小さなお店で、とても個性的な感じでした。写真をパシャパシャ撮っていいものかもわからず、焼いていただいたお好み焼きを少し撮っただけで、あとはトピック的なものをメモしていました。以下にそれを羅列します。

  • 元気→ニンニク+ネギ

  • おもしろない日は休みます

  • 蜷川実花の嵐ポスター+魔裂斗写真

  • 本棚はゴルゴ13ばっかり

  • カリスマ焼き→キャベツ+もやし+豚薄焼き

  • 首をかしげながら焼く店主

  • ぼっかけオムレツ


メモを読んでも、言葉だけで不思議さを伝えるのは難しいということを悟るだけでした。でもお好み焼きはすごくおいしかった!すごくおいしかった!今回顔を覚えてもらっていれば、また行けるのでしょうか。覚えてもらってるかなあ。

d0018714_2462558.jpg


食べたあとは港で夜景を眺め、綾さんに導かれてバーへ赴いて深夜遅くまで飲んで語らいました。そして最後は寝るだけ。その寝ることこそ、今回の最大の目玉と言っても過言ではありません。その秘密は宿にあります。

d0018714_2501798.jpg
赤くモダンな雰囲気の廊下。

d0018714_252559.jpg
ピンクと金と黒のスタイリッシュかつ妖艶な部屋。


そう、ここはラブホテル。綾さんの実家はラブホテルを経営しており、綾さんがデザインした部屋に泊めてもらうという段取りなのです!

d0018714_2561759.jpg
ラブい部屋でくつろぐ面々。


もちろん私の身にラブい事態が発生する由はございません。人生初のラブホテルは旅先の素泊まり宿となりましたが、この冷房の利いた素敵な部屋のおかげでぐっすり眠ることができました。それにしてもトイレに鍵がないのはびっくりでした。ゲーム機の貸し出しとかサービスも充実していていいですね。「ラブ」ホテルではありますが、自分大好きならラブに偽りなしとして一人で入ってもいいかもしれませんね。

というところで一日目終了です。そうとう遊びまわって充実した一日でした。それもこれも綾さんのおかげです。いろいろお気遣いいただき、おもてなししていただきありがとうございました。今度トーキョーへいらっしゃるときはみんなで歓待いたします!


2日目へ
[PR]
# by polisan | 2010-07-21 03:09 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
誕生会、iDishその後
今日はまいこもりすさんの誕生会が催されるということで、池袋の中華料理屋に行ってきました。

基本的にはまいこもりすさんを祝ってワイワイやる会だったのですが、昨日iDishのネタが大受けしてTwitter上でソフトバンクの孫社長にフォローされて一躍時の人となったしーなねこが参加していたため、そっちの話で盛り上がる運びとなりました。

d0018714_1412333.jpg
iDishを披露するしーなねこ氏


しーなねこはこの場でiDishを実践する気はなかったようです。しかし「エビマヨがおいしいですよ」と言ったらすかさずまいこもりす嬢に「iDishで食べたらもっとおいしいだろうなー」と返されてしまい、主賓の願いを叶えないわけにはいかず結局やることになっていました。

d0018714_1582714.jpg
躊躇なく脂っこい中華料理を乗せる、まいこもりす嬢


またこの日はハジメくんもiPadを(こうなることはわかっていたのに)持ってきていたため、もちろんそれもiDishへと化しました。そちらには餃子が乗りました。

d0018714_1474489.jpg
iDish(鉄鍋)で餃子をかっ喰らう、まいこもりす嬢


餃子といえばタレも重要です。写真右下に見えます小皿は、参加者の一人小宮山さんのiPhone 3GSです。なんとタレ用のiDish(小皿)にと進んで提供したのです!!


なんという勇気…。


その結果、女子にそこまでさせておいて私が何もしないわけにはいかない。という空気ができてしまいました。そうですよね…。


ええ、もちろん差し出しました。


大事な大事な、虎の子のiPhone 4を。

d0018714_23571626.jpg


私のiPhone4は自分用のチャーハンの取り皿となりました。ちなみに私のiPhone 4は保護フィルムを貼っていません。完全に直乗せです。

ひとつ記憶に残っているのは、iPhone 4のガラス面にほっかほかのチャーハンを乗せると湯気で結露するということです。今のところ故障していませんが、熱々の餃子を乗せたiPadは動作が鈍くなり、餃子のタレを乗せたiPhoneはすぐにフリーズするようになったそうです。みなさんもiDishを使う際は気をつけましょう。


-----


iDish。

現時点で短縮URL経由での記事へのアクセスは10万を超えています。まさかこれほどとは。記事を書いた本人ではないのにずっと伸び続ける様をチェックしていました。

いろんなところにたくさん書かれたコメントを読みますと、「その発想はなかった」というものが多く、まれに「思いついたけどやらなかった」というものもありました。

多くの人に楽しんでもらって話題になるには、第1段階として「発想」、第2段階として「実行」があるのですね。この第2段階でかなりできる人は限られてくるのですが、忘れてはならないのが第3段階としての「発信」です。

おもしろいことを実行したとしても、それを多くの人に見てもらうには発信方法も工夫しなければなりません。同じWebに公開するにしても、昔のように個人の「ホームページ」にひっそりと載せるだけでは拡散が期待できません。人が多く集まるところでアピールできないと!

それで今まではデイリー道場のお世話になったりしていました。ただ今回はそれ以前にブレイクしました。きっかけはそう、ツイッターです。孫社長が「爆笑!!」とつぶやいたことで一気に広がって行ったのです。(参考:2度目のつぶやき

その後ははてなブックマークのホッテントリに入り、個人のブログ等でも取り上げられてさらに広がっているという状況でしょうか。最初に孫社長がどうやって知ったかが気になるところですが、琴線に触れたのはやはり孫社長一押しのiPadだからでしょう。それに巷の人々にとってもiPadは話題のアイテムですから、一層多くの関心を呼んだのですね。

どうやって発信し広めるか。時流を読んで戦略的に進めることの重要性を知った気がします(今回はそこまで考えていなかったと思いますけれど)。


ところで、そんなしーなねこ氏と一緒にずっと続けている毎年恒例のリアル桃鉄、今年もやります。現在参加者をここで募集中です。どなたでも気軽にご参加ください。開催日は8月最後の週末あたりになりそうです。
[PR]
# by polisan | 2010-07-16 03:19 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
自己主張の強いフリスク
最近雨が降ってばかりですね。梅雨ですね。

先日雨の中家に帰ったら郵便受けにメール便がつっこんでありました。なんか買ったっけなーと思いながらひも解くと、これでした。

d0018714_212353.jpg


フリスクですね。

フリスク?

なんかおかしいぞ。

d0018714_21242128.jpg


下が本物のフリスク。FRISKと書いてあります。

上は…

POLISAN

私のことですね。


つまり私のハンドルネームを刻印した、フリスクケースでした。

普段あまりフリスクを食さないのに。
これを機に持ち歩こうかな。


散財の夏。

ふふ。

ちなみにここで買いました







※写真が精神状態を反映させたかのように暗い感じなのはご容赦ください
[PR]
# by polisan | 2010-07-12 21:32 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
そう、iPhoneだよ。4だよ。
d0018714_23251444.jpg


ついにiPhone 4が我が家にいらしてくださいました。

火曜日、仕事中に留守電が入っていて終業間際に確認してみると、他のことをしながら電話してる体の女性店員から

えーとですね、あー、あ、iPhone。iPhone3GS…? あ、iPhone4が入荷しましたー

というぐだぐだなメッセージが入っていました。


終業後はいてもたってもいられず、さっさと仕事を終えてさっさと会社を飛び出し、予約した電器店に向かいました。カウンターで引換券を渡し、ブツの確認をしてから30分待ち。ようやくこのスベスベのボディを掌中に収め、近くのカレー屋でスープカレーを啜りながら諸設定を施しました。


すごいねスマートフォン!

なんでもできるね!

ウィルコムいままでお疲れ様!


ソフトバンクのメールアドレスが2種類あってよくわからないとか(みなさんどう使い分けているのでしょうか)、最初マナーモードの設定の仕方がわからなかったり、うまく押したいところが押せなかったり、いろいろと苦戦はしていますが大したことはござらん。

電器店でおまけにもらったiTunesカード1500円分はアプリですぐに使い果たし、家で目の前にでかいパソコンがあるのにずっとiPhoneでツイッターとかしてました。


水曜日の夜は電話帳(iPhoneでは連絡先というんですね)にウィルコムの電話帳を移しつつGmailの連絡先と統合してやろうと格闘して、CSVファイルでエクスポートして編集してインポートしてあれやこれややって、気付いたらサッカーのスペイン対ドイツが始まっていました。そしてなんとかiPhoneとGmailの同期がとれたときには、夜が明けてスペインが勝っていました。つまりほとんど寝ていません。


結局、iPhoneが手に入る喜びに浮かされて迎え入れる儀式とか全然忘れていました。「ようこそiPhone」って書いたケーキ、用意してなかったよ。ま、いっかー。

とにかくついに私は時代に追いつきましたので、これからは追い越し禁止の標識が出ていなければ全力で右から抜き去っていく意気込みで、かつ慎ましやかに粛々と楽しくやってまいりたい所存です。

今年のリアル桃鉄のことも考えたいです。
[PR]
# by polisan | 2010-07-09 00:03 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
きた
iPhone 4、入手しましたよ。

ただいま忙しいので、またあとで!
[PR]
# by polisan | 2010-07-08 01:05 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
のど風邪と死語大賞
のど風邪を引いてます。

土曜日はのどの痛さがあまりにもアレなため、朝一に歯医者に行ったあと、新型インフルエンザやノロウィルスにやられたときにもお世話になった行きつけの内科へ行きました。そこはメインが胃腸科なので胃腸が弱すぎる私にはぴったりと言えばぴったりなのです。

待ち時間がどれくらいになるかと不安になりながら入口まで行くと、目に飛び込んできたのは臨時休診の張り紙。

ああ。

こういう不測の事態にどのように対処するかが、その人の真価を知るのによい機会だと思います。私の場合、普通でした。普通に歩いて内科がないか探しました。



内科がないか探しました。



まあ駅の近くならすぐ見つかるだろうと高をくくっていたのですが、案外そうでもありませんでした。目立つ所にいきなり内科をみつけて喜び勇んで中に入ると、野戦病院かというようなとんでもない混雑。受付のお姉さんに聞くと「1時間半待ち」でした。それでは次の予定に間に合わないため、再びあてどなく街をさまようことになります。

通りには休日朝の明るさが溢れています。行きかう人々はみな笑顔を湛えています。しかし私はのどの痛みを抱えて重い足取りでさすらうのみ。悲壮感をまとって踏み入れた人気の少ない通りでようやく小さな内科の看板を見つけました。そこは雑居ビルなのですが、他に店舗などが入っている様子はありません。恐る恐る何もない通路を進んで何度か角を曲がって一番奥の階段を上がると、ついに古びた内科の入口がありました。九龍城のもぐりの病院を想わせる佇まい。そんなところですので30分の待ち時間で済みました。診察は1分で済みました。薬を少し出してもらいました。今もまだ治る気配はありません。



---



病院に行った後は、先日知り合ったあまやんがイベントに出るというので、台場の東京カルチャーカルチャーに行きました。『死語大賞』というイベントです。

d0018714_0564497.jpg


前半は死語に関するプレゼン、後半はハガキ職人による死語大喜利でした。トップバッターのあまやんは死語が死語になるまでの「生きていたころ」にフォーカスし、Googleトレンドを使って流行った時期や死んでいった時期を視覚化していました。傾向を火薬型・ジェル燃料型・備長炭型とうまく分類していたり、選ぶ死語のチョイスも「そこか!」というところを突き、そしてプレゼン自体も上手でおもしろかったです。すごいなあ。

デイリーポータルZの工藤考浩さんは、昔流行ってなんとなく覚えているようなジャケットのCDを「懐かCD」として紹介し、最終的にはこの記事に絡めていました。プレゼンを見てはじめて、記事ではいくつかやったうちの一つだけを紹介している、つまり没ネタもけっこうあるのだということがわかりました。だからあのクオリティが出せるんですね。

ハガキ職人の方々の大喜利も、さすが職人だけあって次々とおもしろい回答をしていました。こういうのを観ると自分ももっとがんばらなきゃなと思いますね。イベントでは最終的に2010年上半期の死語大賞が観客の投票で決められ、僅差で「だっちゅーの」に決まりました。確かに2010年7月時点では間違いなく死んでいるのでよいと思います。

会場には七夕の笹があり、死語を使って短冊に願い事を書くことができました。

d0018714_1274969.jpg

d0018714_129489.jpg


ああ何かやらなくては!やらなくては!ブイブイ言わせなくては!
[PR]
# by polisan | 2010-07-05 01:30 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
先日亡くなった祖母が最後に残した書。


d0018714_11422911.jpg


二度とない人生だ
だから一輪の花にも
無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも
無心の耳をかたむけてゆこう



二度とない人生。
それに対して「どうせなにやっても最後は死ぬんだから…」と無常を感じるか、一回しかない人生だから精いっぱい楽しんだ方がいいんじゃないかと思うか。それは人それぞれです。

私の場合、自分と自分が生きている世界の隅々まで意識して、一瞬一瞬を、見過ごしがちな小さなことを大事にするってとても共感できます。そうありたい。


そしておまけ、実家のハンバーグステーキ。コーヒー付き800円。

d0018714_0333470.jpg

[PR]
# by polisan | 2010-07-01 11:49 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
笑和堂、桃ラー、笹団子
土曜日。近日オープン予定の経堂のバーでもある本屋さん『笑和堂』に場所をお借りし、桃ラーと自家製笹団子を楽しむ会?が開催されました。

d0018714_1432662.jpg
笑和堂の看板


d0018714_145982.jpg
噂の桃ラー


d0018714_1454729.jpg
天井から吊り下げられた笹団子


d0018714_150566.jpg
工事中の店内でまったり


ゆかいな仲間と、はじめましてな人たちと、ゆったり過ごしました。桃ラーうまい。おにぎりにつけても、生春巻きにつけても、豆腐につけても、とにかくうまい。

○さん提供の笹団子も素朴な味わいでうまい。私は実家(喫茶店)の特製ブレンド珈琲豆(粉)を持っていったのですが、コーヒーメーカー的なものがなくてどうしようかと思っていたところ、○さんがワイルドに「キッチンペーパーがあればいける」と言って鍋に沸かした湯にキッチンペーパーに包んだ粉を入れて煮出してくれました。たよれる男(スキンヘッド)だと思いました。

笑和堂を後にして向かった先はバーでもある衣料品店『アクセルイン』。そこで川上史津子さんという方がエロ短歌+小説を朗読するイベントを観ました。かなり直接的なエロでどきどきしました。妖しい経堂の夜。小さなお店でこうやって作り出された不思議な空気はれっきとした文化だと感じました。街・店・人、つまり個人ではなくてコミュニティの力で生み出されるものだということが興味深かったです。

興味深かったといえば、あまやんというおもしろ人物との出会いがありました。DJとかイベントとかやっていてキャラもおもしろい。しーなねこ氏と意気投合していたので今後はコラボもあるかもしれません。

d0018714_2423199.jpg


とても濃密な夜でした。笑和堂という素敵な会場を提供してくださったダムッチョさんとレイコさん、一緒に参加された皆さん、そしてなにより桃ラー提供とこの会をアレンジしてくださったYUさん、ありがとうございました!
[PR]
# by polisan | 2010-06-28 02:45 | 日記