c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
タグ:文学フリマ ( 7 ) タグの人気記事
CHOP-ME-NOT DIARY
冬の文学フリマに出た。
日曜日は蒲田で開催された文学フリマに出店してきました。
我々は「突き抜け派」として小説集を売りました。

d0018714_0503484.jpg

d0018714_052941.jpg


前回からフロアが増えて第二会場までできて、どんどんレベルアップしてますね。突き抜け派のお隣は「破滅派」さんという方々でしたが、もちろん派閥争いなど起こらず平和でした。

今回は新刊の「突き抜け2」と希少在庫の旧刊「突き抜け」を売り、無料マンガ雑誌「ビッグシシュー」を配布しました。突き抜けは合わせて40冊くらい売れたと思います。そしてビッグシシューは無料な上にすごいしっかりした作りだけあって、飛ぶようにはけました。たくさんの方に来ていただいてよかったです。ありがとうございます!

それにしても売る時に学んだことは、買う人が中身を読まずとも内容がつかめるようにしないといけないということです。キャッチコピーとか、ひとこと説明文とか、どんな人が書いたかとかをアッピールしないと買う動機を持ってもらえないのです。

ということに気付いてしーなねこ氏が急遽書いたのがこれです。

d0018714_1333523.jpg


改めて以下に書き出しますと、


・イガラシイッセイ先生(?)最新作
・あの、しーなねこ先生の最新作

☆M-1グランプリ2008 準々決勝 「サイレンツ」
☆文藝賞 2次通過
孫正義氏にほめられた (iDish
中村航氏 「ブログの方がおもしろい」


すごいですね。小説ほとんど関係ない
書いた本人も周りの人も「やらしい」を連呼してました。そしてこのミニ看板が効果があったかは定かではありません。最後のなんて「この小説だめなんじゃ…」と逆に不安にさせてるぜ!

そんな「突き抜け2」ですが、本当はすごくおもしろいですし、在庫もだいぶ減っていますので、まだ手に入れてない方はぜひこちらから注文を! しーなねこ氏が丁寧に梱包して送ってくれますよ!
[PR]
by polisan | 2010-12-07 01:52 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
【告知】「突き抜け2」&「ビッグシシュー」出ます!
創作してますかー?

このたび、同人誌『突き抜け2』が出ることになりました!

d0018714_1551792.jpg


これは小説を書く集団『突き抜け派』としての作品集第2弾になります。
私は『宇宙の果てで森山と握手』という短編を書きました。

今回はメンバーの実力も増し、たかはしりょうたさんという鬼才も加わり、前回と比べてもなんだかすごいことになっています。

そしてこの本、冬の文学フリマで売ります!

12/5(日) 11:00~17:00 大田区産業プラザPiO(京急蒲田駅)


我々はL-19というブースにいますのでよかったら遊びに来てください。

『突き抜け2』の価格は800円(郵送の場合は送料無料!)を予定していますが、文学フリマ会場でお買い上げいただく場合のみ特別価格500円となります。お得ですね。尚、限定200部限りとなりますので、確実に入手したいと鼻息荒くのたうちまわっている方は予約をしていただくのがよいと思います。

ご予約はこちらからどうぞ。

ちなみに前回掲載の拙作『相棒とファミレスで会う』は電子書籍としてこちらから買えますよ。


そして。


夏にしょーもない4コマ漫画を4ページほど書いたのですが、それが載った無料配布マンガ雑誌もちゃんと発行されることになりました!

d0018714_2143119.jpg


ビッグシシュー』といいます。公式サイトもあります。表紙にもあるようにマジ商業ベースということで、他のみなさんマジレベルが高くてマジビビります。

こちらも文学フリマ会場にて無料配布いたします。無料ですのでもらってやってください。当日会場に行きたいんだけど、別件の用事が……いや、ほんと行きたいんですけどね……面倒くさいってわけじゃないんですよほんと……という方は、確保しておきますのでtwitterか何かでおっしゃってください。


というわけでよろしくお願いいたします!
[PR]
by polisan | 2010-11-26 02:28 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
第10回文学フリマに出店してきました。
5/23(日)
東京都大田区で開催された、文学同人誌即売会「文学フリマ」に参加してきました。

d0018714_2524647.jpg
会場の様子


開場前の10時。準備のため1サークル3名だけが入れるというシステムで、我々『突き抜け派』は編集長しーなねこ、遠方はるばるやっていらしたばっちゃんさん、そして私が入りました。我々にはJ-17というブースが割り当てられていました。長机の半分が与えられたスペースで、けっこう狭いのだなと思いました。力士だったらはみ出す幅です。

しばらく待っているとついに、業者の手によって我々の本が運ばれてきました。150冊、段ボール4箱分。周囲を見ても、こんなに運ばれているところはなかなか見当たりませんでした。

d0018714_33253.jpg
どん!


興奮を抑えきれず、しーなねこが無我夢中で開封します。しかしハサミが上手く入らず苦戦。「ああっ」とか「もうっ」とか言いながらなんとかガムテープを切り裂いてオープンすると、

d0018714_375786.jpg
どん!!


本が見え……いやまだ見えない!



一呼吸置いて拘束を解くと、

d0018714_311363.jpg
どどん!!


ついに出ました!我々の本『突き抜け』です!

思えば突き抜け派が結成されたのが約1年前。本当に本を出すのかわからないままスタートし、ここまでこれたことは編集長をはじめメンバーの努力の賜物です。ほんとうによかった。表紙もつるつるして教科書のようです(いい意味で)。

11時に開場し、徐々にお客さんが入ってきました。私は最初に売り子をしていたのですが、開場直後に一人の若者がまっすぐ我々のブースに来て「予約していないのですが買えますか?」と言って買って行ってくれました。第一号に感動して動揺してお名前も伺いませんでしたが、せっかくなのでお話しできればよかったです。

その後も突き抜け派メンバーのひのじさん春昆布さんも会場に現れました(かおるさんは残念ながら来場できませんでした)。そのうち土佐有明さんもやってきて土佐さんの著作物も一緒に売りました。

知ってる方が駆けつけてくれたり、我々を知らない方も立ち止まってくださったりして、とてもありがたいことでした。結果的に予約分を含めて22冊売れました。つまり22人の方にはもう読んでもらえると。嬉しいことです。

文章を書くことは数ある表現方法のひとつでしかありませんが、そのひとつを使って2010年代、おもしろいスタートが切れたと思います。『突き抜け』をゲットしていただいた方は、ぜひメンバーあてに感想などいただけるとありがた過ぎて踊り狂うと共に、次回作もよりよいものになることでしょう。よろしくお願いします。アンド本当にありがとうございました!


d0018714_350950.jpg
店番をするしーなねこ氏

[PR]
by polisan | 2010-05-25 03:51 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
『突き抜け』掲載作品の紹介文。
私も参加している文学同人結社・突き抜け派のはじめての本『突き抜け』が予約の段階で90部に達したそうです。もともと100部刷る予定でしたが、150部刷ることになりました。

詳しくは編集長のところでご確認ください。

編集長も書いているとおり、まだ内容を説明していませんでした。きっと予約をためらっていらっしゃる方の中には、下ネタばっかりだったらやだな、とか、アラビア語とかで書かれてたら読めないし、とか、難解な哲学書だと手が出せない、とか、「ワロタwww」みたいなカジュアル過ぎる文体はちょっと、とかいろいろと不安を感じることもおありでしょう。



大丈夫です。



5つの小説と1つの脚本で構成されており、基本的にわかりやすい日本語で、下ネタ抑えめで丁寧に書かれております。

あとですね、各人が他の人の作品の紹介文を書くことになっており先日提出したのですが、どこで使われるか決まっていないと言いますか、むしろここで使わずどこで使おう!という気がしましたので私の書いた分を載せておこうと思います。これで内容がおぼろげにつかめるかもしれません。

d0018714_1135539.jpg


『おしるこ温泉』 椎名隆彦(しーなねこ

やる気のない会社員とどうしようもない人々の、おしるこが湧く温泉への社員旅行。何が正常で何が狂気なのか? 白昼夢のような異様さを淡々と綴り、読む者を混沌の無間地獄に叩き落とす、椎名隆彦の頭ん中具現化小説!


『星をつかむ人』 ひのじ

生まれつき足りていないものに囚われ続ける美沙は、亡き父に会うために旅する幼馴染の健を通してつながることと遍在の意味を知る……。もにょもにょした作者が現代的な装置を用いて描く普遍の愛、肉体、宇宙の寓話!


『青少年』 かおる

「もしかしたら僕はまともじゃないかもしれない」――あらゆることに嫌気がさす。愛することへの葛藤がある。苦悩する高校男子の濁ったような青春を妄想女子の視点で生々しく描き出す、狂おしいほどに耽美な問題作!


『浮気の理由』 春昆布

生まれてはじめて恋愛にどっぷり満たされたちはるが懼れるのは、しあわせが終わってしまうこと。そこで出した結論は恋愛濃度を薄めることだった――。お年頃の満タン☆ガールが身を削って送り出す、ほろ苦い恋の小品!


『店長高柳圭介の終わらない夏あるいは365歩のマーチ』 波塚こひら(ばっちゃん

誰にでも問題があり、誰にでも秘密にしていることがある。そして人が集まればドラマが生まれる。一軒のコンビニを取り巻く、コンビニの品揃えのように色とりどりの人間模様。長年の沈黙を破った著者による渾身の舞台脚本!



どうでしょう。
もし何か感じるものがありましたら、ぜひ以下のリンクから予約を!

『突き抜け』予約フォーム
[PR]
by polisan | 2010-05-13 02:15 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
文学フリマに向けて書いている断片。
また文学フリマの話になってしまいますが、今週は仕事とか飲み会とか週末に控えた試験の勉強とかでまったく書く暇がありません。困りました。

今のところ3分の1程度の進み具合だと思います。ただ今後内容ががらっと変わるかもしれません。

どんなものを書いているかメンバーにも教えていないので、その断片をこっそりお教えします。
絶対ひみつですよ。


  • ずっとファミレスのシーンばかり出てくる。

  • コーヒーはおかわり自由。

  • 主人公の一人称は俺。

  • 主人公は爪が長い。



今出せる情報はこれくらいですね。


何もわかりませんね。



自分でもわかりませんからね。
これだけではあまりにアレなんで、もう一つだけ情報を出しましょう。


  • 主人公はかつらが似合う。



結局、


何もわかりませんね。


こんな小説とかが入ったカオスな突き抜け派の同人誌。
限定100部です。お見逃しなく。


(必死です)
[PR]
by polisan | 2010-04-28 00:41 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
文学フリマに向けて書いています。
土日はかなりの時間をデニーズで過ごしました。
文学フリマに向けた原稿を書くためです。


文学フリマサークルリスト


上のリンクのJ-17をご覧ください。ありますね、突き抜け派の文字が。
こうなった以上、書くしかないのです。自分の持てる力を振り絞って。

それもおもしろいものを。

自分でそう宣言してしまったようですので。


参考:ひのじの日記


現在まだ22枚ほどですが、突き抜け派の活動で188枚の小説を完結させた実績がありますので、きっと大…丈……夫……。

そうなんです、言ったかどうか覚えていないんですが、ひとつ小説を完成させたんです。
とりあえずそれは「書ききる」ことが目標でした。思い返しても描きたいように描けたかわかりません。書ききった後は読み返す気力もありませんでした。

でも今回の文学フリマは人目に触れるものですからね。
あまりそこを意識しない方がいいのかもしれませんが。



d0018714_123179.jpg



ところで私が書いているのってなんなんでしょう。

きっと小説だと思います。

小説にもいろんなジャンルがありますね。私小説とか、恋愛小説とか、推理小説とか、SFとか、ファンタジーとか、歴史とか、ホラーとか。このジャンルではないな、というのはあるのですが、じゃあこれ!とピンとくるものもないんですよね。純文学なのか大衆文学なのかも自分ではよくわからないのです。


でも、これかな、というのがひとつ思い浮かびました。



ライトノベル



読んだことないですけど。ライトノベル。
よく知らないものを引き合いに出してすみません。
一体何をがんばって書いているか、少しでも知っていただきたい気持ちの空回りの結果なのです。


なぜなら、



文学フリマ向けの同人誌は100部刷ることになっていますから。

在庫の山を想像すると恐ろしい…。


みなさん、よかったら素人の小説が詰まった突き抜け派の本、買ってみてはどうでしょう。
たぶん500円くらいです!
[PR]
by polisan | 2010-04-26 00:33 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
突き抜け派、文学フリマ参加決定
d0018714_13164568.jpg


昨夜は文章とかマンガとか書いてでっかくなりたい人々の集まり「突き抜け派」の臨時会合でした。通常は毎月下旬に行われますが、今回は急きょ決めなければならない議題があったのです。


突き抜け派、

文学フリマのブース取得。



詳しくはしいなが書いています。テンション高めで。

会合には私としいな、かおるさん、ひのじさんが出席しました。
ばっちゃんさんと春昆布さんはチャットで参加しました。

一体どんな本を作るのか。サイズはどれくらいでどこの印刷所に出すのか。

侃々諤々の議論が繰り広げられ、しいなは「一人一冊作って売る」と言ってはばからず、それに対して私は「突き抜け派として一冊にしよう」と持ちかけたのですが、なかなか首を縦に振らず、最終的にばっちゃんさんが「突き抜け派の記念碑的なものにしたい」と「みんなで一冊案」に一票を投じ、ばっちゃんさんが言うのなら、ということでそちらに決まりました。

みんなで一冊ということで、全員書き下ろしになりそうです。


文学フリマは5月23日だそうです。
いくらで売るかはわかりませんが、興味があったらぜひ足を運んでみてください。


書くぞ!
[PR]
by polisan | 2010-03-13 13:29 | 日記