c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
タグ:言葉 ( 15 ) タグの人気記事
CHOP-ME-NOT DIARY
なぞのことば
パソコンの前で仕事をしていて、トイレに立つとき。

暗く狭い屋内から、明るく開放的な屋外に出るとき。

ドラクエをやめて、ベッドにもぐりこむとき。

そんな静から動、動から静へと移り変わる瞬間に、無意識に頭の中をよぎる言葉があります。それを僕はかつて宿便ワードと名づけました。(名づけただけで全く使用していません。要するにおばちゃんが立ち上がるときに「よっこい、しょういち」と口にするのと似たようなものです。ただし無意識であることと口には出さないことが重要で、なぜその言葉がよぎるのかさっぱり分からないのです)


昔は何かしら意味のあるフレーズで、「マクビティー!」だったり、「王よ!」だったりしたのですが(もちろん関連性はわかりません)、ここ数ヶ月はもっとひどくなり、意味のない文字の羅列になってきています。

あるときは仕事をしていて集中が切れたときに、伸びをしながら

「あー、しゅかーじじゃーら!

と心の中で叫び、

またあるときは電車にぎりぎり間に合って、しかも運よく座席が空いていて座ったときに

「ふう、ひんぱっだ

と心の中で呟いていたりします。


いったい何なのでしょうこれは。
響き的にはほのかにサンスクリット風味ですが、耳にしたこともありませんし意味もわかりません。どなたかこのような現象を体験したことがある方がおられましたら教えてください。今のところ実害はありませんが僕は大丈夫なのでしょうか。
[PR]
by polisan | 2009-08-12 12:49 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
呉音でありがたみを増す
家の近くのパチンコ屋ののぼりに「大本命!」と書いてありました。射幸心をあおる宣伝文句ですね。しかしパチンコに興味のない僕の琴線に触れることもなく、むしろタバコ臭くて音がすごいあの場所が苦手なので、僕は足早に通り過ぎようとしました。

ところがその時、不意に、大本命を「だいほんめい」ではなく「だいほんみょう」と読むと急にありがたみが増すということに気付きました。

これは使える!

とにかく漢字の読みを、すごく昔風と言うか仏教的と言うか、ちょっとトリッキーな読み方(辞書で言うところの呉音)にすると、なんだか厳かで神秘的な響きがすると思うのです。

以下に例を挙げてみます。

  • 飲酒運転 (おんしゅうんてん)

  • 宇宙人 (うぢゅうにん)

  • 一斉攻撃 (いちざいくきゃく)

  • 新発売 (しんほつめ)

  • ゆうちょ銀行 (ゆうちょごんぎょう)

  • 機動戦士 (けずうせんじ)

  • 女子高生 (にょしこうしょう)

  • オフ会 (おふえ)


どうでしょう、手を合わせたくなりませんか。そうでもありませんか。
さあ、みなさんも呉音で一歩先行く日本語ライフを満喫(まんきゃく)しましょう!
[PR]
by polisan | 2009-06-10 02:17 | 雑学
CHOP-ME-NOT DIARY
KYシリーズ
マイコミジャーナルに最新KYコレクションというものが少し載ってました

KY語っていうんですか、あのローマ字略語って字面からは何一つ想像できないのがすごいですよね。KBが「金髪ブタ野郎」って確かにそうかもしれませんが、

ケンタッキーのバイト」でも
毛がぶっとい」でも
公園墓地」でもいいわけじゃないですか。

全然関係ないですが、かつて神聖モテモテ王国で親愛なるファーザーが提言した「MO」と「MNO」を思い出しました。前者は「モテる男」、後者は「モテない男」。なんだか先どってましたね。

今の僕はTNでARですので、さっさと眠るKS。
最後に大喜利的なお題でも出してドロンします。


問:以下のKY語の意味を教えてください。

JT
OS
MMK
[PR]
by polisan | 2009-05-14 00:27 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
風邪メンタルクリニック
駅に「風メンタルクリニック」という病院の広告がありました。


風邪メンタルクリニックだったらいいのに。


メンタルな部分はしっかりとケアするけど、受診後に必ず風邪をひく病院。


もしくは、

風邪をひいたときの精神状態のみをピンポイントで治療する病院。


もしくは、

風邪が治ったときの解放感・安心感・充実感を用いることによって心の病を癒すという、療法。


いずれにせよ、

あまりかかりたくない病院ということになりました。


風邪じゃなくて風の方はちゃんとした病院だと思います。
[PR]
by polisan | 2009-03-19 00:58 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
みゃ
d0018714_3103122.jpg


会社帰りに夜空を見上げて「あ、満月だ」と思いました。
しかし、「あ、満月だ」と思ったことを脳内で言語化した結果が

「あ、みゃんげつだ」

だったことに絶望しました。
なんだよ「みゃ」って。
名古屋の人か(偏見)。


ところで、ものを考えるときって何故一度言語化するんでしょうね。
バイリンガルの人は両方の言語で考えられるって言うじゃないですか。
でも、脳内で描くイメージって言葉にできることだけじゃないような。

ねえ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by polisan | 2009-03-12 03:14 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
よっしゃと満月
「よっしゃ!」という歓声・掛声の語源はなんなのでしょう?

と思ってインターネットの表面を軽くなでたら、田中角栄の口癖「よっしゃよっしゃ」からきているとか、どこかの方言だとかがまことしやかに書かれていました。しかし本当のところがどうなのかわかりませんでした。

それにしても「よっしゃ!」と口に出して言うと、別段元気がなくてもテンションが上がる気がします。上がりませんか?

僕はなぜか、満月をみると「よっしゃ!」と言いたくなります。

今夜は新月過ぎのようですので写真で満月をみて「よっしゃ!」と叫んで寝ます。


d0018714_2391965.jpg

[PR]
by polisan | 2009-01-28 02:39 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ローカルな言葉?
「ピン逃げ」って言いますよね…?

ピンポンダッシュのことを僕の地元(神奈川県)では確かそう呼んでおり、ピンポンダッシュという呼び方に馴染んだのはだいぶ大人になってからだと思います。

ピン逃げでググったらたくさん出てきたので、そう呼ぶのは内輪だけではなかったようで安心しました。ローカルなスラングなのに意気揚々と使っていたら恥ずかしくて仕方ないところでした。では以下の言葉はさすがにローカルですかね?

はぼ?
「はぁ?何いってんの?」というニュアンスの言葉

うにー!
「嘘でーす!」というニュアンスの言葉

さばい
「やばい」と同じ


さすがにこれらは子供っぽい言葉なので仲間内だけで流行っただけな気がします。他にもいろいろあったと思いますが、記憶が冬の書き始めのボールペンのようにかすれてしまって思い出せません。さばいぜ。
[PR]
by polisan | 2009-01-08 00:58 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ほぞ
悔しい時の表現ソリューションとして全国的に名を馳せている「ほぞをかむ」ですが、この「ほぞ」が「へそ」のことだということをさっき知りました。辞書で。

自分のへそが噛めない!という気づきが悔しさにつながり、この慣用句につながったのでしょうか。きっと後日「ああ悔しい、こんな悔しいのは自分のほぞが噛めなかった時以来だぜ」とか言って笑いを取って定着したのでしょう。そして流行語大賞にでも輝いたのでしょう。

別の悔しい時の表現ソリューションである「じだんだをふむ」は、「じだんだ」が「じたたら」の音変化であり、これは鉄を作る時に踏むタタラのことのようです。もののけ姫でおなじみの。

ジダンダもタタラも、なんだか発音がサンスクリット起源っぽくて好きです。Jidhanda とか Tatla とか書きそうじゃないですか。そうでもないですか。


話の着地点が見つかりませんでした。
[PR]
by polisan | 2008-12-19 00:52 | 雑学
CHOP-ME-NOT DIARY
素敵はすてき
「素敵」という言葉が妙に琴線に触れます。

言葉として口にするとき、はにかんでしまうような照れくささがあります。「好き」に似ているけど、「好き」が100%主観なのに対し、「素敵」は一握りの好意という主観を客観的な褒め言葉の後ろにそっと忍ばせているという印象。その隠された「好き」がばれやしないかと冷や冷やするから照れくさいんじゃないでしょうか。

字面を見ればもっとよくわかります。「すき」の間に「て」を差し込むと、「すてき」になるのです。こうなると一見「すき」は埋もれて認識できなくなるけど、ちゃんとそこに隠れている。だいぶこじつけですけどね。

d0018714_0451493.jpg


うちの会社を辞めて現在世界一周旅行中のみや~んさんという先輩がいます。僕が思うに、この人は常人の3倍ほど情に篤く、この人の「ありがとう」は常人の3倍ほど気持ちがこもっています。そして常人の3倍ほど下ネタを放ちます。

そんなみや~んさんは旅先で知り合った人、親しい友人、感謝したい人、その他いろんな人たちをひとまとめに「素敵たち」と呼びます。「素敵」そのものを代名詞として使っているのです。

これは僕にとって大変なイノベーションでした。「いい人」でも「素晴らしい人」でもなく、「素敵な人」ですらなく、生身のつるっつるの「素敵」なんです。この場合、もはや後ろに控えているはずの「好き」が前に出てきて剥き出しになっている気がします。そして立場を逆転された客観性が後ろでひっそりと見守っている感じ。

ただ自分が使ってもなんか気持ち悪いことになると思います。みや~んさんの人柄だからぴったりはまるんでしょう。それ自体が素敵です。
[PR]
by polisan | 2008-09-05 00:47 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
車内アナウンサー
「車内で不審物を発見致しましたら、駅係員までお知らせ下さい」

と某私鉄で車内アナウンスが仰っているのを会社帰りに聞きましたが、この「致しましたら」は謙譲語なので不適切な表現ではないかと思いました。思いましたが、いまいち不安でしたので帰ってから辞書を引いて確認しました。近頃自分の知識に自信がもてません。

その後乗り換えた電車がなかなか発車しないので待っていたところ、車内アナウンス曰く

「車内で何かあった模様です。いま車掌が向かっています」

別にヘンではありませんが、エクスクラメーションマークを付けたら実況っぽいなと思いました。実況担当乗務員がいる電車って面白い。かもしれない。そんなこともないか。
[PR]
by polisan | 2007-05-09 04:00 | 日記