c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
タグ:酒 ( 30 ) タグの人気記事
CHOP-ME-NOT DIARY
眠る前に、五反田で考えたことを。
今日はしーなねこ氏と、kasahiさんと、猪瀬さんと五反田で飲みました。猪瀬さんはkasahiさんがかつてお手伝いをしていた劇団の演出をされていた方です。

とてもとても熱い飲み会でした。

d0018714_14956.jpg
(写真と本文と関係ありません。五反田ですらありません)


ビールが一杯150円だったためけっこう飲んで話の内容が所々飛んでいるんですが、話題の一番のポイントは、しーなねこ氏が「猪瀬さんは最終的にどうなりたいんですかっ!」と訊くいつものパターンに対し、猪瀬さんが「あのねー、俺さー、どうしたらいいんだろう?」といった感じで返していたところでした。



今夜はなんだか、ああわかるなあ、とよく思いました。



猪瀬さんはロシア語に縁もゆかりもないのにロシア語学科に入って、知識不足をなんとかするためにロシア語演劇をするサークルに入って運営側に回り、最終的に就職先が見つからなくて自分の劇団を立ち上げたという経歴の持ち主です。(細部はちがったかもしれません)

それを聞いた私は猪瀬さんに対し「制限のある環境で最大のパフォーマンスを出そうとするタイプなんじゃないですか?」と尋ねました。猪瀬さんは「今、(おれのこと)全部言われた」と言い、猪瀬さんをよく知るkasahiさんは「それすごいよくわかります」と言いました。でもこれは私が猪瀬さんを分析して答えを導いたのではなく、自分に近いと感じたから自分のことを言っただけなのです。

制限のある環境で最大のパフォーマンスを出す、というのはつまり学校教育の賜物だと思います(猪瀬さんが勉強得意だったかは存じませんが)。ペーパーテストで試験範囲(=制限)だけをひたすら勉強していい点を取る(=パフォーマンス)というようなものです。創造的な場合でも例えば「○○を使わずに作れ」とか、モチーフが決められるとかです。仕事だと、完成させるモノは決まっているけどやり方は自由、とかそういうのです。


――パズルを解くように、最適解を見つける。
――目の前のことにひたすら集中する。


いわば職人、スペシャリストなのですが、そこには弱い面もあります。

「完全に自由でよい」と言われるとどうしてよいかわからなくなるのです。

それはつまりしーなねこ氏の言う、最終的にどうなりたいか、本当にやりたいことは何か、ということがビジョンとしてはっきり見えていないということにつながると思います。指針がないと歩き始めることができない状態ということです。

私は「文系より理系の方が就職とかいいんじゃないか」という理由で理系に進み、大学は受験勉強をしたくないので推薦で入れる所に入りました。就職も推薦。打算的です。今は誘われるままM-1に出たり、小説を書いたり、マンガを描いたりしていますが、それらが目指すべきゴールに向かっているかどうかはわかりません。自分がどうなりたいのか、未だにわかりません。本当にやりたいことはあるのか?

しーなねこ氏は猪瀬さんについて「本当はやりたいことがあるのに、いろいろと理由をつけてやっていない」とも言いました。それもあると思います。猪瀬さん自身「こわい」ということをよく口に出していました。批判されるのが怖い、失敗するのが怖い、自分の限界を知るのが怖い。いろいろとあると思います。だからできない。私にもそういう側面がないとは言い切れません。むしろあると思います。


じゃあどうするか。


私の場合、最終目標と言うよりはスタイルなのですが、どうなりたいか・やりたいことは何かを見つけること、もしくは認めることのために、とにかく興味のあることはインプットでもアウトプットでも何でもやること。考え続けること。

もし見つかった時はそこへ向かって継続的に力を出せるよう、ダメージを恐れないようハートを鍛えること。失うものはとくにないと知ること。

そんな感じで行こうと思ったのでした。


-----


それにしても猪瀬さんが素晴らしいのは、自分の弱さを認めてさらけ出しているところです。私は体裁を気にして弱さを隠してぼろが出ないようにして結果的に身動きが取れなくなるようなことにはなってないかな……?
[PR]
by polisan | 2010-09-28 03:13 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
第6回リアル桃鉄レポート その3 『回り損』
(続きです。その2はこちら

第二ピリオドもゴールはならなかったものの貧乏神を免れたメガネ男子チーム。しかしそれは中途半端なポジションであるとも言えます。このままくすぶっていていいのか。心の片隅にふつふつしたものがこみ上げてきます。

★3rd PERIOD★


さーて次の目的地は。



Destination ⇒ 南千住




みなみせんじゅ。常磐線らしい。(ルート
でもそんな遠くないみたいです。またすぐゴールしそうですので、素早く行きましょう。


5





両国 11:08



けっこういい目が出ましたので、快速を使ってばばばと進みました。両国まで来ました。
順調順調…と言いたいところなのですが、やはり一筋縄ではいきません。なんと両国に着いてカードを引いた直後、GMからメールが。



B型偏西風チーム が目的地に到着しました!




なんと!このピリオドが開始してから1時間も経っていないじゃないか!!
こっちはまだカードの1枚も消化していないのに!!

しかもこの両国でカードを実行するのは私です。私の活躍の場が目の前で消えようとしている……!

私は堕天使ことyositosiさん(もう貧乏神脱いでるけど)に静かに告げました。「誰かがゴールしたけど、カードイベントやります」と。このままでは終われないのです。ちなみに引いたカードはこれです。



くるくるカード

腰を曲げ下を向いた状態で10回くるくるまわってから10mほど歩く。
(ふらついて危ないので広い場所ですること)




ここは両国。おあつらえ向きの場所があるではありませんか。
そう、国技館。国技館前でくるくる回ります。








まさかの縦横逆ですが、動画で撮りましたよ。yositosiさんにも「何回、何回まわって(笑)」とツッコんでもらえました。どうだ!これなら実況にいじってもらえるだろう!


しかし後日談として後から聞いたところによると、この時間がちょうどお昼時で、実況担当はランチのカレーを食べていたらしくこの動画報告を見落としていたそうです。



……。


回り損!!!


ちくしょう!仕事しろよ実況!!!



★4th PERIOD★


気を取り直して次の目的地へ進むしかありません。幸い貧乏神も逃れました。しかしもう、貧乏神Tシャツを着ないことが本当に幸せなのかという境地に至りつつあります。さあ、目的地はどこですか。どこでもいいよ。九州でもいいよ。



Destination ⇒ 高麗川




こまがわ。埼玉県の西寄りですね。これは長旅になりそうです。つまり珍道中が期待できます。期待するしかありません。たのむぜサイコロ。



4






四ツ谷 11:36


高麗川へ行くには北ルートと南ルートがあります。我々は中央線沿いにいたため、立川経由の南ルートを選択しました。そして快速を使って四ツ谷へ。カードを引くのはyositosiさんです。



勝手にゆるキャラカード

駅や地域をテーマにゆるキャラを作る。



いいカードです。これはセンスの見せどころですよ、yositosiさん。


d0018714_0345049.jpg


四本の矢が刺さった、四つの矢のアヒルで「よつやヒル」。目には涙。
確かにゆるい。本気でセンスを見せつけてきたyositosiさんでした。やりますね。

サイコロ。



1






新宿 12:00


1つ進んでなつかしきスタート地点の新宿へ。念のため申し上げておきますが、ここまで1を出したのはすべてyositosiさんです。だからどうだということもないのですが、覚えておいてもいいですよ。ははは。



人助けカード

誰か困っている人や助けが必要そうな人を助ける。




この駅で私がパフォームするのはこのカードなのですが、それ以外にも他チームの一蓮托生カードによるチャリティーカード、および宴カードもしなければならなくなりました。



一蓮托生カード

カードをもう一枚引き、全チームがそのイベントを行う。




チャリティーカード

財布の中の1円~50円をすべて募金する。




宴カード

全プレイヤーとGMが酒を1本飲む。酒が飲めない人はオロナミンC。




これらを一気にやりました。

d0018714_058539.jpg


人助けカードは、ホームレス自立支援のために「The Big Issue」を購入しました。
チャリティーカードは財布の小銭をマクドナルドの募金箱へ投入。
宴カードは新宿思い出横丁の焼鳥屋で、生ビールをいただきました。


このビールが美味いのなんの!


しかし酒にあまり強くないyositosiさんが昼間から一杯空けてしまったことが、今後の展開に大きくかかわるとはこの時点では思いもしませんでした。

その4へつづく
[PR]
by polisan | 2010-09-09 01:04 | スペシャル
CHOP-ME-NOT DIARY
iPhoneを迎えるにあたって
しーなねこ氏のところに書いてありますが、金曜日に会社の近くで飲みました。ツイッターで呼びかけたら小宮山さんも駆けつけてくれました。

その飲みの席で、iPhone 4を予約したので受け取りの時には歓迎会をやりたい、例えば「ようこそ iPhone 4」と書かれたケーキを用意するとか、と私が思いつきを語ったところ、



甘い



という感じのダメ出しを二人から受けました。


「火であぶったらよい」
「水に沈めたらよい」
「牛に舐めてもらったらよい」
「寒天に漬けて雑菌を培養したらよい」
「タルタルソースをかけて食べたらよい」
「イッセイ氏自身がiPhone4になったらよい」
「その格好で並べばよい」
「しかも予約した店とは違う、銀座のアップルストアとかで」
「順番が来たら『他で予約してますから』とびしっと言って立ち去ればよい」


他人事だと自由な発想ができるのだな、とひとつ賢くなりました。

でも何かしらやりたいです。

アイデア募集中です。


d0018714_242124.jpg
ネギと味噌のおいしい食べ物

d0018714_2425682.jpg
馬の舌のおいしい食べ物

[PR]
by polisan | 2010-06-20 02:46 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
道案内ができない男、道案内を引き出せない男
金曜日の夜、急遽しいなとなあぽんさんとミアさん(とあとからkasahiさん合流)で飲むことになり、私はすこし遅れて飲み会が行われる有楽町へ行きました。

どこの店に入ったのか分からないので、しいなに電話をしました。



 「有楽町に着いたのですが、どこにいますか?」

 しいな「日本海庄やにいます」



店の名前を教えてもらいましたが、私は有楽町の地理に明るくありません。ですので必然的に店の場所を聞くことになります。



 「それはどこにあるんですか?」

 しいな「ええと、駅から結構歩きました

 「どっち方向に?」

 しいな「ビックカメラじゃない方です」



ビックカメラの場所はわかりますが、ビックカメラじゃない方が一方向というわけでもありませんので、おおよその方角だけでも知りたいところです。



 「今、駅を出てITOCiAの前にいるんですけど、どっち方向に行ったらいいですか?」

 しいな「えー…」


 「…」


 しいな…駅から結構歩きましたねー






だ…


だめそうだ…。


おそらく店の場所をしいな自身が把握していません。しかし実際駅から店まで歩いて行っているわけですから、そのルートを思い出してもらうほかありません。どう聞いたらいいんだろう。



 「線路を挟んでビックカメラと反対側で間違いないですね?」

 しいな「あ、ビックカメラの方です

 「(言ってることが変わった?)…じゃあビックカメラの方に歩きます」



とりあえず言うとおりにしようと、小走りでガード下をくぐって線路の向こう側に出ます。



 しいな「違いました、ビックカメラじゃない方です

 !?



ち、違った…。小走り損です。

なんとか、なんとか手掛かりを…。



 ビックカメラは線路の西側にあるんです。さっきまでその反対の東側にいたんです」


 しいな「…はい」


 「…えーと、西かでいうとどっちですかね?」





 しいな「あ、それなら、ビックカメラじゃない方なので、です」




み…



確かに私の質問の仕方もうまくないと思います。でも2択で聞いたのに3択目で返すとは。きっと線路の西側とか東側とかはさほど重要ではなく、南へ向かえばそれでいいんですね。そうだ、南に向かえばなんとかなるんだ、やつを信じろッ…!



と、ここで救世主が。



電話の向こうでなあぽんさんが、iPhoneを駆使して道を調べてくれました!
なあぽんさんの指示をしいなが電話で私に伝え、結局は線路の東側を南下し、晴海通りに突き当たってそこから南東に進みます。



しいな「いまどこですか?」

「晴海通りを走っています、交差点まで来ました」

しいな「1階にロッテリアのあるビルです」

「…不二家のある?」



しいなおお…!来ましたねえ…!



駅から徒歩数分の店に行くだけなのに、なんだかすごいことを成し遂げたような気がしました。確実に気のせいですが、ビールはひときわおいしかったです。


というか、なあぽんさん、お手数おかけしました…!
[PR]
by polisan | 2010-03-01 02:53 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
突き抜け派2009年11月会合
こんばんは。

今日は文章創作集団・突き抜け派の11月度定例会でした(かっこよく言ってみました)。
集まったのは私、しいなひのじ春昆布の4名。

今回はいつもの「居酒屋よし」ではなく、趣向を変えてひのじさんお勧めの恵比寿にあるカフェで会合を催すことになりました。これはしいな氏が「酒を飲まずに議論しましょう」と提案したからなのですが、



結局飲んでました。



しいな氏は席について何の躊躇もなく「生ビール」を注文しました。

d0018714_1244375.jpg


しかし今回はいつになく全員がちゃんとお互いの作品に言及することができました。各人に「南海の黒豹・レイセフォー」みたいに異名と言うか通り名が付きましたが、酔っていたのでさっぱり覚えていません。あ、春昆布さんは「満タン☆ガール」だったと思います。何が満タンなのかは伏せておきます。

あと、私の100枚に到達して完結したかに見えた小説は、もう少しアレした方がよいというアドバイスを受けました。なのでアレします。こうやって言っていただけるのは本当にありがたいですね。やはり読んでもらうために書いていますので、読んでくれる人の感想は大事だと改めて痛感します。メンバーみんなお互い助けられていると思います。あとは完結させるだけですよ。がんばりましょう。
[PR]
by polisan | 2009-11-27 02:02 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
リアル桃鉄2009打ち合わせ
今年もやってまいりました、夏。
リアル桃鉄のセゾン。

第5回の節目を迎える今大会は、しいなが広く人材を募ったため、現時点で参加表明プレイヤーが11名になっています。まだ増えるかもしれません。チーム分けをするにしても史上最大規模になるのは間違いありません。

今日は参加者と飲みたいだけの人で居酒屋よしに集まりました。初顔合わせです。

d0018714_2214413.jpg

こんな格好で登場した人もいます。こちらはハカセさんです。手袋、ゴーグル、半ズボン、シースルーの紳士肌着。通常の社会人にとってはすでに罰ゲームに近いいでたちです。

なんというか、個性の強い人々ばかりが集結して(いい意味で)大変なことになっているという気がします。なんとか取りまとめて、きちんとした戦略に従って進めなければあらぬ方向に転がりそうですね。
しかしみなさん成功させる気まんまんで、それぞれ得意分野もあり、心配しなくてもすごく面白いことになりそうだと朝起きてから思いました。やってやりましょう!


開催は8/29(土)
[PR]
by polisan | 2009-08-04 02:32 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
うさこ姉妹
昨日金曜日は、サイレンツに会いたいという三重県の双子姉妹(うさこさん&うさこさんの妹さん)が東京にいらっしゃるということで、しいなとともに「居酒屋よし」でお会いし、酒を飲みました。

お二方は素敵姉妹で、掛け合いも堂に入っておりました。話の要所要所で二人して「これは日記に書かないで!」と口止めをされたのですが、どの話がOKでどの話がNGなのか全然覚えていないため、探り探りで書かせてください。

お二方は一卵性の双子にしてはキャラが違うものなのだなあと思いました。

うさこさんの妹さんは、幸せを呼び込むためにがむしゃらに掃除をするような人で、外見よりもフィーリングを重視する純粋なしっかり者という印象でした。

うさこさんは、繊細で悩みやすく、相談に乗ったしいなの話を聞いて涙を流す直情型の方という印象でした。ただそれは酒に飲まれていただけなのかもしれません。


総括:
こうして誰かとお会いするたびにすごく新鮮で、すこしずつ心の廊下にかざる絵が増えていくような感じがします。それらを眺めながら廊下を往ったり来たりするのはとても楽しいのです。今後は逆にもっと自分の話を人に提供することが課題だと思いました。
うさこ姉妹さん、楽しい時をありがとうございました!


ちなみに我々が飲んでいる時、二つ隣のテーブルでは会社の同期や後輩など4人が、ニンテンドーDSで4人で協力プレイをしていました。それもまた楽しそうだと思いました。


この日のしいなの日記
[PR]
by polisan | 2009-07-25 23:48 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
顔面三国志祭り
金曜日の夜は、久しぶりにla takeさんのゲーム会にお呼ばれしてきました。花見以来です。
まず新大久保の韓国料理屋に行きました。この時点で参加者はla takeさん、かわださん、チラマイコさん、しいな、●ま氏、僕の6人。最初の乾杯をするところでなぜかチラマイコさんが


桃園の誓いごっこしようよ!


と言いだし、3人ずつに分かれて劉備、関羽、張飛を配役し、うろ覚え桃園の誓いを実施。ここからだんだん流れがおかしくなってきました(つまり最初から流れがおかしかったということ)。

いつもカードゲームを用意してくる はしさん が遅れるということで、最初のうちは「こっくりさん」で故マイケル・ジャクソンを降霊したりしていましたが、ゲームとしては相談じゃんけんをすることになりました。あらかじめ何を出すかを全員で相談し、実際その通り出すか裏をかくかを読み合うという、苦手な心理戦でした。


結果、負けました


罰ゲームは、顔に三国志モチーフの絵を描かれる。
なぜそういう話になったのか全然思い出せません。

ただ、途中からHさんと犬男さんが加わって何度か相談じゃんけんをやって、結果的に全員顔に絵を描かれることとなりました。韓国料理屋の一角に古代中国が生まれました。


d0018714_1315568.jpg
躊躇なく眉毛を描くしいな氏。彼の額には赤兎馬。


d0018714_1345079.jpg
桃園の誓いでは劉備役だったのに関羽に。美髯が胸元まで。


d0018714_1373070.jpg
妖怪百目となった た●氏。額には「劉備」の文字が。


d0018714_13283363.jpg
素敵な人々。


もはや全員わけが分からなくなり、そのままの顔で歌舞伎町へ移動しました。

次に訪れたエスニック料理屋では はしさん と合流、はしさん は何も悪いことをしていないのに当然のように顔に落書きをされていました。そしてテーブルに人生ゲームをおっぴろげてプレイ開始。しかし深夜の酔っ払いどもは誰もゲームに集中していません。人生ゲーム後はカラオケで歌い、各自無心におしぼりで落書きを落として帰途につきました。家に帰ってそのままぐったり眠りました。


土曜日が過ぎて日曜日の今朝、しいなの日記を読んだ地元の友人タンギー爺さんからメールが来て、「よくあれで街を歩くなぁ。なんか吹っ切れてるよね、最近」と書いてありました。

確かに、最近は吹っ切れずにはいられない感じになっています。会社に行って仕事をして帰って寝るだけではどうにも耐えられません。何かを壊して、創って、吸収して、放出して、自分と世界とでエネルギーを循環させたい欲求が大きくなっています。そしてこの人たちはそれを自然にやっているのがすごいと思います。毛穴が開いているのだと思います。一緒に遊んでもらえてとてもありがたいです。

毛穴の詰まったみなさん、一緒にアホやりましょう。
[PR]
by polisan | 2009-07-12 14:14 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
タイ料理がうまかった
昨日は何度か酒の席でご一緒しているumiさんにお誘いいただいて、しいなとともに新大久保のタイレストランに行きました。(完全に写真を撮り忘れました)

今まで食べた中では一番うまいんじゃないかと思えるタイ料理をむさぼり食っているところへ、umiさんの御友人のちえりんさんとおっしゃる方が遅れて登場しました。マッサージやヒーリングを生業としている元気な人でした。

何度かちえりんさんの話に出てきた、30過ぎの女性なのに小学生の男の子に間違われる香港出身のジェイミーという人が気になりました。ちえりんさんとよく一緒に働くそうなのですが、しいなさんの数々の動画を見て「ジーニアス!」と言ったそうです。結構破天荒そうなので、ぜひともしいなさんと対峙してもらいたいものです。

総括:
ちえりんさんは面白く、umiさんは相変わらず笑顔が溢れてますし、タイ料理はうまいし、楽しかったです。もはや体調など問題ではありません。ありがとうございました。


(どうでもいいことですが、「僕は星座を当てられます」と豪語しながら一度たりとも当てているところを見たことがないしいなさんが、ついにちえりんさんの誕生月を当てました。1/12の確率がやっと。どうでもいい情報おわり)
[PR]
by polisan | 2009-07-10 00:20 | 日記
CHOP-ME-NOT DIARY
ファンキー、カラオケ、死んだ女、馬場バー
※写真と本文は関係ありません

金曜日はしいなに呼ばれ、飲み会に参加しました。ファンキー会という、しいながファンキーだと思う人を社内外から集めて飲むという趣旨でした。

d0018714_21263640.jpg


この会におけるファンキーの定義がよくわからないのですが、なんとなくアクティブに活動していて充実した人生を送っている人たちなのかと思いました。参加者の詳細はしいなの日記をご覧ください。やはり一番ファンキーなのは投資の儲けで生活したりいろいろあった結果現在は医学生であるというくーるさんでしょうか。だれが一番ファンキーさに欠けていたかと言えば、僕のような気がします。面白い話、すべらない話ができる人は本当に尊敬します。僕はメガネを取ると目がギョロッとするという点でのみ(一部の)注目を浴びました。


会が盛り上がっているなか、別件の飲み会があったのでお先に失礼して地元へ戻りました。地元の友人(フランツ、タンギー爺さん、いち)と飲みました。いつになってもこのメンバーは落ち着きます。飲んだ後は朝までカラオケで過ごしました。4人なのにだだっ広いパーティールームをあてがわれ、ごろごろ寝転がりながらめいめい好き勝手に歌っていました。

d0018714_21435579.jpg


早朝に家に帰って3時間ほど寝た後、歯医者に行って奥歯の治療をし、そのまま池袋に阿藤智恵さん作演出の舞台『死んだ女』を観に行きました。一晩置いてまたしいなと合流することになりました。

今回の『死んだ女』は前々回観た『しあわせな男』と対になるような位置づけで、『しあわせな男』では無関係そうな女性たちが一つの「家庭」という時間と空間を創造してつながっていたように思いますが、『死んだ女』ではタイトル通り死んだ一人の女性を介して男性たちがつながっていました。どちらも共通するのは、各人でばらばらのはずの記憶や認識があいまいな形で一点に収束したように見える、錯視のような感覚でした。大変おもしろかったです。


観劇のあとはしいなが美味しいんですと推薦する高田馬場の「俺の空」というラーメン屋へ行きました。ただしいなは正確な場所を覚えておらず、「線路沿いだったと思うんですけど」と言ってうろうろしていました。僕がこっちじゃない?と反対方向に行ってみると、まさにその通りでした。注文した浸け麺はスープが適度に濃厚でおいしかったです。

d0018714_22201850.jpg


食べた後は「突き抜け派」新規参加のひのじさんと合流し、高田馬場のおすすめバーへ連れていってもらいました。前回居酒屋よしでお会いした時は「ちょっと不思議な人だな」と思っただけでしたが、今回再会して「かなり不思議な人だな」と認識を改めました。しいなの宇宙の話に共感してどんどん深い方へ潜って行かれました。しいなに共感する人は今まで何人も見てきましたが、以前しいながしていた話と全く同じことをひのじさんが自分の言葉で話しているのを聞いたとき、ついに「しいなが二人いる…」と思ってしまいました。(そしてうっかり口に出してしまいました)

僕はあまり寝ていなかったところに酒が入って途中でうとうとしていしまいました。すみません。19時に解散し、家に帰って「人志松本のすべらない話」を途中からみました。ほっしゃんはすごいと思いました。
[PR]
by polisan | 2009-06-28 22:41 | 日記