人気ブログランキング | 話題のタグを見る
c50+1 presents

イガラシイッセイです。無口の反動は日記に表れます。
by polisan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
移転しました
at 2010-12-19 22:59
沙汰がない
at 2010-12-13 02:10
冬の文学フリマに出た。
at 2010-12-07 01:52
師走の入口で
at 2010-12-02 02:11
【告知】「突き抜け2」&「ビ..
at 2010-11-26 02:28
おまけ
検索
カテゴリ
日記
音楽
映画

食べ物
雑学
好きなもの
はじめて
スペシャル
インド
タグ
以前の記事
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CHOP-ME-NOT DIARY
ちょい不良対決 【5日目】
もう判定を待たずとも、僕の勝ちとしてしまってはダメでしょうか。
会社のちょい不良リーダーであるE氏にも「今回は圧倒的にお前の勝ちだ」とお墨付きももらいましたし、対戦相手であるしいなも若干諦めムードでして、持参したユニクロのサングラスを僕に手渡し「これでアヤしく華開いてください」と言い残して裸足で去っていきました。
ただこのサングラスを装着すると、

ちょい不良対決 【5日目】_d0018714_1304348.jpg

このように「激ワル」になってしまうのであまりよろしくありません。こんな策略に陥れられてはいけない。気をつけねば。

-----

さて、今日のちょい不良です。昨日の報告の中でちょい不良な酒を飲もうとして実現しなかったと書きましたが、その活動の一環として会社の中で「ちょい不良な酒が飲める店」を知ってそうな人から情報収集を行っていました。それで同じ部のHさんに伺った際に、「青山でいい店1件知ってるよ。明日だったら連れて行ってあげてもいいよ」と仰ってくださったので、お言葉に甘えて本日そのお店に連れて行っていただきました。

対決終盤にして貴重な追加点、「ショットバー初体験の巻」です。


いわゆる華の金曜日(はなきん)の夜、僕とHさんは会社を出発しました。これから行く青山のお店は食事をかっつり食べられるようなところではないようで、事前に腹ごしらえをした方がよいとのことでした。そこでまずは食事へ行くのですが、ちょい不良といえばLEON、LEONといえばジローラモ氏、ジローラモ氏といえばイタリア、というわけでイタリアンなディナーをいただくのが正解だと思い、目黒のイタリア料理屋に足を運びました。

ちょい不良対決 【5日目】_d0018714_1501919.jpg

最初はパスタの一皿くらいのつもりだったのですが、あまり貧乏くさいのもどうかと思い、コースでいっちゃいました。僕はイタリア料理をコースで食べること自体が初めてでして、もうこれだけで十分にちょい不良です。前菜の彩りだけで失明寸前でした。
このイタリア料理屋に1時間くらいいたでしょうか、デザートまで食べておなか一杯、食べ終わる頃にはこれが「ちょい不良対決」の一幕であることすら忘れてしまうほど普通に満足していました。危ない危ない、ちょい不良たるものどんなときも気を緩めてはいけません。

イタリア料理屋をあとにして、僕らはJRで渋谷に移動し徒歩で目当てのお店に向かいました。そのお店はHさんの馴染みの店だそうで、そもそも彼女は普通に会社帰りに一人でバーにふらっと入って適当に飲んで帰るという、ちょい不良な女傑なのです。その方が薦めるお店なのですから、期待してよいはずです。

ちょい不良対決 【5日目】_d0018714_2182115.jpg
(マスターの許可をいただきましたので写真を載せます)

もう看板からしてしゃれおつでございます。にわかちょい不良が一人で入るには勇気が必要です。店内に入ると他のお客はおらず、薄暗い感じがまさに想像していたショットバーそのものでした。

ちょい不良対決 【5日目】_d0018714_2262121.jpg

Hさんがマスターに挨拶とあわせて今回訪れた趣旨を説明し、2人でカウンター席につきます。説明の際に雑誌LEONについて触れたのですが、

Hさん 「雑誌のLEONって知ってます?」
マスター 「ああ、そういえばLEONの編集者って人が前に来たような」

!!!

いやはや流石でございます、土地柄もありましょうが、こんなおあつらえ向きの店がそうそう見つかりましょうか。そんなマスターはちょい不良に対するイメージについて、「節操無く○○○するとか」「○○○○○を吸うとか」とかなりブラックなことを仰っていました。これも流石としか言いようがありません。

それにしてもこんなバーに来たのが初めてなものでして、どうにも落ち着かずそわそわしてHさんに「挙動不審だよ」と指摘されてしまう有様でした。そんなですから飲み物も何を頼んでよいかわからず、何かちょい不良なものをとお願いしたところ、ウィスキーだかブランデーだかバーボンだかを薦められまして(それすらも覚えていない)、薦められたままにロックでいただきました。

ちょい不良対決 【5日目】_d0018714_2412456.jpg

一杯目は緊張からか味がわからなかったためおかわりし、その後さらに「男らしい」という「old grand-dad」というバーボンをいただきました。とても刺激的な味でした。

なんだかんだで日付が変わる頃まで滞在し、ほろ酔い気分で帰途に着きました。まだまだ一人でふらりとバーには入れるまでには至っていませんが、経験値が0から1にあがったのはとても大きいと思います。これで今回のちょい不良対決、LEONの重さと厚さを測っているだけの奴に負けることはないでしょう。明日の結果が楽しみです。

最後に本日ご協力いただいたHさん、そしてBAR VESPERのマスターMさん、この場を借りて謝辞を述べさせていただきます。ありがとうございました!
by polisan | 2006-04-15 03:01 | スペシャル
<< ちょい不良対決 【結果】 ちょい不良対決 【4日目】 >>